BLOGブログ

お役立ち情報

注文住宅の予算がオーバーしたら?削るコツを知っておこう

ハウスメーカーに注文住宅の相談をすると、見積もりが出てきます。

「予想以上に見積もりが高かった!」という経験をした方も多いことでしょう。

希望を盛り込んでいったら、500万も、800万も予算をオーバーしてしまうことも少なくありません。

予算内に削りたいけれど、こだわりの部分は残して、満足のいくマイホームを手に入れたいですね。

そこで、今回は、住宅の予算がオーバーしたときに、知っておきたいコツを紹介していきましょう。

注文住宅の予算がオーバーしたら?

住宅の予算がオーバーしたら、家族の要望をピックアップし、優先順位をつけていきましょう。以下のように、箇条書きで拾い出していきます。

  • 書斎がほしい
  • 洗濯物干し部屋がほしい
  • 和室は広く取りたい
  • お風呂にテレビをつけたい
  • バルコニーを広くしたい

その中で、優先度の高いものから盛り込んでいきます。

ただ、予算に収めるように、金額を抑えていくだけでは満足のいくマイホームは実現できません。

取捨選択を行い、家族全員が満足できる住まいを実現することが大切です。

注文住宅の予算がオーバーしたときに削る方法

次には、見積もりから譲れない部分、削れる部分を判断していきます。

具体的には、以下の方法で削れる部分がないか検討しましょう。

  • 総二階建てにする
  • 窓の数を減らす
  • 特注品を減らす
  • 水廻り設備のグレードを落とす
  • カーテンを自分で準備する

間取りを、総二階建てにすると一階の屋根面積がなくなり、費用削減ができます。

また、窓の数を減らすか、サイズを小さくするのも一つの方法です。

造作品などの特注品は、工事費もかかるもの。

優先順位をつけて、必要のないものは削りましょう。

そして、キッチンや浴室など、グレードを落とすと、金額が安くなります。

インテリア費用の中で、カーテンは予算がかかる部分。ハウスメーカーに頼まず、自分で準備する方法はないか探してみましょう。

注文住宅の予算感を掴むには現場見学会に行ってみよう

現場見学会に行って、予算感を掴みましょう。展示場では、どのような要望にも対応できるような設計をしています。

そのため、個々の要望にあった実例を目で見るには、現場見学会が一番です。

例えば、二世帯住宅を希望する場合、二世帯住宅の見学会や住宅事例に足を運んでみましょう。

同じニーズで建てた事例を見ると、現実のイメージが掴みやすくなります。

まとめ

住宅の予算が予想以上に高かった場合、予算内に収めていく必要があります。

家族全員の要望を書き出し、優先順位をつけていきましょう。

予算感を掴むためには、個々のニーズにあった現場見学会に足を運ぶのも一つの方法です。

注文住宅では、お客様の要望を適切にヒアリングし、間取りに反映させる専門知識が必要です。

豊富な経験を持つプロなら、予算内で希望を実現させるアイディアを持っているかもしれません。

マイホームの設計を、住宅のプロに相談してみませんか?

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!