BLOGブログ

お役立ち情報

マイホームが欲しくなるきっかけは?家づくりにはタイミングがある!

マイホームを建てたいという夢が現実になるときは、何かライフイベントがあったり、自分たちの中で大きなきっかけがあったりするときが多いです。 子どもの頃からなんとなく自分の家を持ちたいと思っていた方も、その夢が具体的になるタイミングがあります。 そのきっかけやタイミングについて、ご紹介いたします。

マイホームが欲しくなるタイミングは?

自分の家を欲しくなる主なタイミングやきっかけには以下のようなものがあります。 ・結婚、出産で家族が増えた ・子供が成長したことで部屋が手狭になった ・2世帯、3世帯で生活する事が決まった 特に多いのは結婚、出産で家族ができた、増えたときです。 このタイミングで、本気で家を持つ事を考える人が非常に多いと思われます。 また、子供が成長することで子供が遊ぶスペースが必要になったり、さらに成長したら子供の部屋を用意しなければならなくなったりと成長と共に家の中のスペースを広く持たなければならなくなってきます。 子どもは、マイホームを持つことを考える最も大きな存在になるでしょう。

自分のキャリアが安定してきた

家を持つきっかけは子ども以外にもあります。 それは仕事です。 仕事を続けていると徐々に会社での自分のスキルや、今後のキャリアも予測できるようになってきます。 家を建てるとなると、住宅ローンを組まなければならなくなりますが、そのときには安定した収入が長い期間必要になってきます。 仕事はマイホームをずっと持ち続けるために必要な基盤になるということです。 今勤める会社でのキャリアが安定し、今後もある程度予測できるようになってくると、マイホームのための住宅ローンの支払いについてなどの資金計画も立てやすくなります。 自分の仕事が安定してくると、気持ちの余裕も出てくるのでマイホームを持つ夢も徐々に現実かしてくるのでしょう。

tattaは計画的な家づくりをご提案します。

家づくりは土地や間取りだけでなく、大切なお金についても考えなければなりません。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!