PROFILE会社概要

  • HOME>
  • 会社概要

地域密着の老舗工務店長年家づくりを手がけております

会長山下要が中学校卒業式の次の日から大工の見習いとしてスタート。
25歳で独立、37歳で山下組を設立。
社長山下平が入社と同時に建築工房やました屋を設立(1997年法人化)。

創業当初から、地元飯塚を中心に、福岡や九州の木や材料、そして地元の人達と協力して、
目に見えないものにこだわった健康な住まいづくりをしています。

会社概要

社名 有限会社 建築工房やました屋
住所 〒820-0044 福岡県飯塚市横田457-5
電話 0948-25-7833
FAX 0948-26-2070
設立 1997年10月
取締役社長 山下 平
専務取締役 山下 君香
資本金 3,000,000円
事業内容 建築工事一式(新築一戸建て・リフォーム・修繕工事) 設計業務 不動産業
免許・資格 建築士事務所 福岡県知事登録第2-30220号
宅地建物取引業免許 福岡県知事(1)第17546号
建設業許可 福岡県知事許可 (般-29) 第91051号
二級建築士 福岡県 第21675号
宅地建物取引士 1名
暮らし省エネマイスター 1名
防蟻防腐施工認定施工者 1名
住宅ローンアドバイザー 2名
電磁波測定士 4名

建築工房やました屋におけるZEH(ゼッチ)への取り組み

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を、おおむねプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

政府では、ZEHの実現・普及は、我が国のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となる等、極めて社会的便益が高いものであり、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅(過半数)で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と、政策目標を設定しています。

建築工房やました屋では、2020年には施工する住宅の50%をZEHの家にする目標設定にしています。

※住宅の冷暖房や給湯、換気、照明に必要なエネルギー消費量。その他の家電などの消費エネルギーは含まれません。

会社沿革

1969年1月 山下組 設立
1997年10月 有限会社 建築工房やました屋 設立
2004年2月 展示場併設の事務所を建設及び事務所移転
2006年7月 展示場リニューアルオープン
2013年10月 代表取締役社長に山下 平が就任
2015年10月 専務取締役に山下 君香が就任