BLOGブログ

お役立ち情報

車持ちが土地探しをする時の注意点!出し入れしやすい土地が最適

車の出し入れしやすい土地を探そう

新居に駐車スペースを確保して愛車を停めることを検討されている方が多いかと思います。 建物敷地内に車を置くのは近くの月極駐車場を借りるよりも便利ですし、将来的にも安心なことですよね。 これからお家を建てる計画をされている方は、車を停めるスペースを確保することを考えた上で土地探しをしましょう。

駐車スペースを確保するために考える土地探しのポイント

1、車の出し入れのしやすさを考えよう

毎日仕事や習い事の送迎などで車を使い方は多いのではないでしょうか。 車を毎日使う可能性があるのなら、駐車スペースも車の出入りがしやすいように設計する必要があります。 駐車スペースの近くに電柱や外壁があると、車の出し入れが大変ですし、車を擦ってしまう恐れも考えられます。 毎日使うのであれば、極力ストレスを感じないように駐車スペースを考える必要があるでしょう。

2、車は何台停める?大きさはどのくらい?

車には軽自動車、乗用車、ミニバン、ワゴンなど様々なサイズがあります。 また、所有する台数によっても駐車スペースの面積が変わってきます。 さらに言うと、現在は軽自動車に乗っていても子供を持つようになるとミニバンに買い換える可能せも出てくるのです。 そのように、車のサイズや台数が変わる可能性も考えた上で駐車場スペースを設計していかなければなりません。 自分の将来の生活スタイルがどのように変わるのかを検討しながら、土地探しをしましょう。

3、家の目の前の道路の形状

例えば、検討している土地の目の前の道路幅が狭かったり、一方通行だったりすると車の出し入れがしにくくなります。 駐車する際はバックで入れたり切り返したりなどの操作が必要なので、車通りの激しい道のある土地も車の出し入れが大変です。 いつも使う道路が渋滞しやすい道でもストレスを溜める一因になります。 毎日通勤で車を使うのであれば、土地の形状だけでなく周辺環境も確認した上で土地探しをするべきです。

土地探しは家づくりの最初の一歩

今後生活の基盤となる場所を決めるので、土地探し・土地選びは非常に大切で、しっかり検討する必要があることです。 家を建てた後に土地を変えることはできませんので、時間をかけて検討しましょう。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!