BLOGブログ

お役立ち情報

キレイに飾りたい!コレクション収納を新築住宅で取り入れる方法

休日の楽しみのために、趣味のコレクションを集める人は、年々増えています。

しかし、家族全員の生活スペースが優先されるマイホームでは、コレクションの居場所が確保できるのか、心配に思う方も多いかもしれません。

「家を建てる時に、コレクションを飾る場所は作れる?」

「コレクション収納を、新築住宅で作るにはどうすればいいの?」

といった疑問も出てくることでしょう。

そこで今回は、新築でコレクション収納のある家にする工夫を紹介していきます。

コレクション収納をするには注文住宅が良い理由

コレクションをキレイに飾れる家を実現したいなら、注文住宅をおすすめします。

なぜなら、注文住宅は、設計段階から飾る場所やコレクションの保管場所を確保できるから。

コレクターにとって、大切なコレクションを飾る空間は、とても重要な場所。

たとえ大切な家族であっても簡単に触れられたくない……。そう考える人も多いことでしょう。

しかし、マイホームを建てるときには、家族みんなの意見を取り入れながら設計を進めていいかなければなりません。

一般的な間取りの建売住宅では、大切なコレクションの行き場を確保することが難しいもの。

飾る場所がなくなっては、居場所を失ってしまうどころか、泣く泣くコレクションを処分をしなければならないといったことも。

そうならないためにも、コレクションの収納場所を上手に取り入れた間取りを、注文住宅で実現しましょう。

コレクション収納を新築住宅に取り入れる方法

せっかくのコレクション、新居でもキレイに飾るために、コレクション用の飾り棚を造り付けてみてはいかがでしょうか。具体的な方法をみていきましょう。

階段下のスペースを活用する

階段の下のスペースを、コレクションの保管場所に活用しましょう。

階段下のスペースは、プラモデルやスニーカー、お酒など、大きなものや重いもののコレクションにも最適です。

デッドスペースになりがちな階段下のスペースは、大きな収納力を持っています。

造り付けの棚は、住んでから棚を買うよりも地震に強いのもメリットです。

空間を有効活用して、コレクション棚を作ってみましょう。

ニッチを展示スペースにする

プラモデルやミニカーなど、小さいもののコレクションには、ニッチを活用してみてはいかがでしょう。

ニッチとは、壁の厚みを利用した飾り棚のこと。魅せる収納として活躍します。

ガラスの棚を付け、上部には照明をつけると、ライトアップしたショーウィンドウのように美しくなります。

ニッチ収納なら、壁の厚みを利用しているため、生活空間を狭くする心配もありません。

まとめ

人生の中でも、大きなイベントであるマイホームの購入。

できれば大切なコレクションは新居にも居場所を作ってあげたいですね。造り付けのコレクション収納があれば、来客時に披露しやすくなります。

コレクション収納を作るには、階段下やニッチなどのデッドスペースを活用する方法がおすすめです。

集めているコレクションの、大きさや重さによっても、適切な棚の位置は変わります。

コレクション棚の設計は、住宅設計のプロに相談してみませんか?

注文住宅なら、お客様の要望にあった間取りを実現できます。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!