BLOGブログ

お役立ち情報

珪藻土の壁には調湿機能と消臭効果がある!注意点についても解説

近年、バスマットやコースターに使われている珪藻土は、住宅の壁にも使われます。

珪藻土は、さまざまな機能を持つ自然素材だと耳にしたことがある方も多いことでしょう。

「珪藻土の壁には、調湿機能があるの?」

「消臭効果があるって聞いたけど、どうなの?」

といった疑問も湧いてくるかもしれません。

そこで、今回は、珪藻土の塗り壁の特徴と、機能性を詳しく解説していきます。

珪藻土の塗り壁の特徴

 

珪藻土は、珪藻の化石を原料とした素材に、固化材が含まれたものです。漆喰に似た質感を持ちますが、原料や機能は違い、珪藻土特有の特徴があります。

ここからは、珪藻土だけが持つ性質、調湿機能と消臭効果について紹介していきましょう。

調湿機能がある

珪藻土の一番の特徴は、やはり「調湿機能」でしょう。部屋の湿度を快適な状態に保つという特徴があります。

目をこらしてよくみると、珪藻土には小さい穴が無数に空いています。室内の湿度が高いと、珪藻土の小さな穴に水分が入り込み、室内が乾燥すると、水分を吐き出します。

調湿機能を上手に利用すれば、加湿器や除湿機の使用を、最低限に抑えられるかもしれません。

オフシーズンの加湿器や除湿機の置き場に困っている方や、加湿のしすぎでカビ発生に悩んでいる方は、重宝する機能といえますね。

消臭効果がある

珪藻土には、消臭効果があるのも特徴の一つ。

臭い成分のほとんどは、空気中の水蒸気に含まれています。珪藻土は、空気中の水分を吸収する時に、同時に嫌な臭いも吸収していきます。

けれど、すべての匂いを吸収するわけではないので、注意しましょう。

 珪藻土はカビの発生に要注意

 

珪藻土の塗り壁の機能性をお伝えしてきましたが、カビが生えやすいという注意点も頭に入れておきたいもの。

湿度が高い時、珪藻土は水分を取り込みます。

部屋の水蒸気が珪藻土の内部に移動すると考えて良いでしょう。

すると、部屋の空気はカラッとした分、珪藻土は水分を多く含みます。その状態が続くとカビが住みやすい環境だと、想像できるかもしれません。

適度に換気をして、水分を吐き出させることが大切です。

まとめ

珪藻土は、調湿機能と消臭効果があり、機能性に富んだ素材です。一方で、カビが発生しやすいという注意点も忘れたくないものです。

「珪藻土の壁」だけでなく、気密性や換気システムの活用法など、家全体のバランスについても相談できる、プロと一緒に注文住宅を建てませんか?

壁の質感にもこだわった、高品質な注文住宅を、建築家と一緒に実現させましょう。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!