BLOGブログ

お役立ち情報

太陽光発電を搭載する流れをみてみよう。新築住宅で考慮した点とは

地球環境への意識が集まる世の中で、新築時に載せる太陽光発電は注目を集めています。

「新築するときに太陽光発電を搭載するには、どういった流れで進んでいくの?」

という疑問も湧いてくることでしょう。

そこで今回の記事では、太陽光発電を設置するまでの流れを紹介していきます。

太陽光発電機器設置の流れを理解することで、省エネ住宅の建設をより現実的に考えられます。

新築で太陽光発電を検討している方は、ぜひご覧ください。

太陽光発電を設置する流れは?

太陽光発電機器の導入は、以下の流れで進みます。

  1. 太陽光発電の基本的な情報を知る
  2. 計画の屋根状況を確認する
  3. 発電量のシミュレーションをする

太陽光発電を検討する際は、建築前に太陽光発電の基本的な情報を集めましょう。

太陽光発電メーカーのホームページや商品カタログを見る、太陽光発電の展示会やイベントに参加するのもおすすめです。

次に、計画したマイホームの屋根形状を確認します。

太陽光発電に適する、屋根の面積や形状、方位や傾斜であるかを確かめることが大切です。

最後に、計画する太陽光発電でどのくらい発電量が期待できるかシミュレーションをしていきましょう。

太陽光発電の搭載数と電気の使用料を確認することで、抑えられる電気代の全体像を確認します。

太陽光発電のことはプロに相談しよう

太陽光発電を検討するときは、税金やローンなどお金に関する情報の収集をしましょう。

太陽光発電機の設置には、地方自治体によるグリーン投資減税などの減税措置が準備されています。

減税措置の内容は地域により異なるため、最寄りの地方自治体に尋ねるという方法も有効です。

また、住宅金融支援機構の融資や、住宅メーカーや販売会社のローンの活用ができる場合も。

太陽光設備の設置は、敷地や屋根の形状にも大きく関わり、建築の知識も必要になるため、プロに相談するのもひとつの手です。

まとめ

 

太陽光発電機器を設置するなら、太陽光発電の基本的な情報を押さえましょう。

その次に、屋根形状と設置計画を確認します。最後に、発電量のシミュレーションへと進みます。

太陽光発電に関する助成金制度は、その年によって変動しますから、専門家に相談することをおすすめします。

太陽光発電を検討しているなら、注文住宅を建てませんか?

住宅建築の実績が豊富なプロと一緒に、時代の先端をいく省エネ住宅を実現しましょう。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!