BLOGブログ

お役立ち情報

ZEH(ゼッチ)とは?補助金制度まで詳しく解説。住宅のゼロ・エネルギー化を知ろう

環境問題への関心が高まる中、ZEH住宅に注目が集まっています。

「ZEH(ゼッチ)ってなに?補助金制度があるの?」

という疑問も湧いてくることでしょう。

今回の記事では、ZEH(ゼッチ)、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスと補助金制度について分かりやすく解説していきます。

ZEH(ゼッチ)ってなに?補助金制度があるの?

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、生み出すエネルギーが、エネルギー消費量を上回る(もしくは同じ)ことを目指した住宅のことをいいます。

具体的には、高い断熱性能をもとに高効率な設備を使用した省エネルギーが可能で、太陽光発電などによる創エネルギーができる住宅です。

政府は、このZEH(ゼッチ)の普及をすすめていて、2020年にはハウスメーカー等の注文戸建て住宅の半数以上はZEH(ゼッチ)を目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)の実現を目指すという目標を掲げています。

そのため、新築住宅がZEHであると申請する場合は補助金制度が受けられます。

ZEH(ゼッチ)の基準

新築住宅でZEH(ゼッチ)の仕様にするには、「断熱性能」「省エネ」「創エネ」の3つの条件を満たす必要があります。

ここからは、それぞれの条件を詳しくみていきましょう。

断熱性能

高性能な断熱材や高断熱サッシを使用し、住宅の断熱性能を高めます。

家の断熱性能で用いられる数値はUA値(外皮平均熱貫流率)。

UA値が小さいほど断熱性が高いことを表し、ZEHでは0,4〜0,6以下と定められています。

省エネ

高効率な給湯器や家庭用蓄電池設備を用い、エネルギーの消費を抑えます。

高効率型のエアコン、LED照明の利用もその一つ。

また、インターネットを利用して、家全体の電気の使用量を把握し、コントロールする方法( HEMS)もあります。

創エネ

太陽光発電やガス発電機を使い、エネルギーを生み出す設備を搭載します。

ZEH(ゼッチ)のことなら住宅建築のプロに相談しよう

新築でZEH(ゼッチ)住宅を建てるには、設備や建築材料の専門的な知識が必要になります。

また、補助金制度を受けるには、最新の情報を集めて検討し、申請を行う必要があります。

住宅建築や建築設備だけではなく、制度や申請手続きにも詳しい施工会社と一緒に計画を進めると良いでしょう。

まとめ

ZEH(ゼッチ)住宅は、環境への配慮ができるとともに、補助金制度も受けられます。

ZEH要項にあわせて家の性能を高めると、住み手側の住環境もよくなります。

住宅性能とZEH(ゼッチ)の補助金制度には専門的な知識が必要となるため、プロと相談しながら進めるのがおすすめですよ。

これからの時代にあった低炭素化生活を、豊富な経験を持つプロと一緒に実現しませんか?

注文住宅なら、思い通りの家を手に入れられます。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!