BLOGブログ

お役立ち情報

3階建て住宅を建てるのはどんな場合?メリットを解説

都市部の街並みの中に、時折3階建ての住宅を見かけることがあります。

2階建住居の中にあると、ひときわ背が高くて目立つ存在ですね。

そんな3階建の住宅をみていると、3階建てを建てるのはどんな場合なのだろうと疑問に思うかもしれません。

今回の記事では、3階建て住宅を選ぶケースや3階建て住宅のメリットを解説していきます。

3階建て住宅を建てるのはどんな場合?

都市部で、土地は狭小スペースであっても広い居住空間を確保したいときに、3階建て住宅を選ぶケースが多くなっています。

例えば、30坪の土地で、二世帯3LDKの住宅が建てられます。

また、1階を車庫や店舗として使い、2階や3階を住居や趣味の部屋といった住宅も可能に。

木造3階建てという選択肢があれば、交通の便が良い土地でゆったりと過ごせるマイホームを持つという夢が叶います。

3階建て注文住宅を建てるメリット

3階建て住宅は、スペースを有効活用できるのが一番のメリットです。

住宅密集地の都市部では、建築面積が広く取れないケースが多くあります。

けれど3階建て住居なら、吹き抜けなど縦に広い空間を作ることにより、開放感も楽しめます。

1階を駐車スペースにすると、居住空間が2階以上となるため、万が一の際の水害対策にもなるでしょう。

住宅密集地にありがちな、日当たりや風通しの問題をは、バルコニーや天窓を設けることで解決できます。

屋上を設置して、庭園やバーベキューを楽しんだり、都会ならではの景色を満喫するのも良いですね。

3階建て住宅のことなら住宅の専門家に相談してみよう

3階建て住宅を建てるには、さまざまな法律のチェックが必要です。

建てる用途地域によって、道路斜線や日影規制などの法律制限がかかります。

また、3階建てに使われる屋根、壁、断熱材などの建築材料についても、不燃材料などを選ばなければなりません。

1階部分を車庫にすると、耐力壁を配置するなど設計面でも気をくばる必要があります。

このように3階建て住宅を施工するには専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

3階建て住宅は、限られたスペースを有効に活用して、ゆとりのある生活を楽しめます。

1階を車庫にする、2階リビングにして吹き抜けを設けるといった3階建てならではの解放感がある間取りも作れますね。

3階建住居の設計には、耐震性や耐火性の面で専門的な技術と知識が必要になります。

住宅設計のプロと一緒に、注文住宅を建てませんか?

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!