BLOGブログ

お役立ち情報

開放的でおしゃれな間取りスキップフロア。メリット・デメリットを解説

特徴的でおしゃれな間取り、スキップフロアは新築住宅で人気があります。

スキップフロアとは、一つの階の中に床の高さが違う空間があることをいいます。

開放感があり、魅力が多いようにみえますが、困ることはないのでしょうか。

今回は、スキップフロアの詳しい解説とメリット・デメリットを解説していきます。

スキップフロアとは

スキップフロアとは、1階の高さの中に、複数の高さのフロアがある間取りのことです。

壁で仕切らず、床の高さを変えることで立体的に空間を分けていきます。

平面的に空間をつなぐのではなく、縦に短く階段で空間をつないでいくため、モダンな雰囲気を演出できます。

スキップフロアの間取りには、住まい全体をスキップで構成したプランと、ワンフロア内に床の高さが違う空間を構成するプランがあります。

住まい全体をスキップフロアで構成したプランでは、外観にもリズムが生まれ、個性を演出できますよ。

狭小住宅にスキップフロアを取り入れると、視線が通りやすいので坪数よりも広く感じられるでしょう。

スキップフロアのある家のメリット・デメリット

おしゃれで開放的なスキップフロアの住宅。

メリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

メリット

スキップフロアの家では、壁を設けず段差で空間を仕切るため、風通しがよく開放感があります。

家のどこにいても家族の気配をさりげなく感じられるため、コミュニケーションが取りやすくなりますよ。

かつ、段差でゆるやかに区切られているので、各空間のプライバシーも守ることもできます。

また、スキップフロアの間取りは、ビルトインガレージとの相性が良いという特徴があります。

廊下や階段などのデットスペースを最小限に抑えられ、空間を有効活用できますよ。

実際の床面積よりも広く感じられる場合が多いでしょう。

デメリット

一方、スキップフロアの家は、各部屋の空調が利きにくいというデメリットがあります。

また、階段が多くなるので年配の方や小さなお子様がいるご家庭は注意が必要です。

壁が少ないため音が通りやすい、臭いが上の階に上りやすいといったデメリットもあります。

けれど設計の工夫で解決出来るデメリットもあります。

空調費は天井の高さを3メートルから4メートルほどにすれば、天井5メートルの吹き抜けリビングよりは割安に。

天窓や北側の低い位置に窓をつけて風の流れ道を確保するのも良いでしょう。

自然の風を上手に取り込み、換気を促すことで臭いの問題も解決できます。

スキップフロアのある家は専門家に相談しよう

スキップフロアのある家は、特に間取りが重要です。

居室、リビング、書斎など、必要な部屋数もご家庭によってさまざまです。

間取りによってつながる部屋が変わり、動線の設計は暮らしやすさに関わりますよ。

また、スキップフロアの設計には階段の設置位置や耐力壁の配置など、専門的な技術と知識が必要です。

スキップフロアのある家は、住宅設計に詳しいプロと一緒に計画を進めることをおすすめします。

まとめ

スキップフロアのある家は、開放感のある明るい空間が作れますし、特徴的な間取りで個性を演出できます。

家のどこにいても家族の気配を感じられ、自然とコミュニケーションが取れるスキップフロアの家を作りませんか?

注文住宅なら、おしゃれで開放的なスキップフロアの住宅のある暮らしが叶います。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!