BLOGブログ

お役立ち情報

限られたスペースで自然を楽しむならイングリッシュガーデンがおすすめ

イングリッシュガーデンについて知りたい

ガーデニングは、紀元前14世紀ごろの古代エジプトにおいてその記録が確認されているといわれています。

その後、時を経てルネッサンス期。

近代的なガーデニングの起こりとして確立されたのが、幾何学的な配置が特徴のイタリア式庭園(露壇式庭園)。そしてフランスで確立されたのが、フランス式庭園(整形式庭園)です。

フレンチフォーマルガーデンともいい、かの有名なベルサイユ宮殿がそれにあたります。

そしてこの潮流で、イギリスにおいてはイングリッシュガーデン(風景式庭園)が生まれました。18世紀ごろのことです。

これらの庭園はどれも広大な庭を前提としたもので、貴族階級のものでした。

ガーデニングは、庶民の手には届かない趣向だったのです。

他方で、これらのガーデニングとは別にイギリスで流行していたのが「コテージガーデン」と呼ばれる庭づくりでした。

これは人が手をほどこした人工的なものではなく、限られたスペースのなかでその土地の植物や植えあわせなどを活用して作る庭のこと。

狭い庭でもガーデニングが楽しめるとあって、コテージガーデンは庶民の間で大流行しました。

今でいう「イングリッシュガーデン」は、この「コテージガーデン」がもととなっています。

 

イングリッシュガーデンを作るには

イングリッシュガーデンの特徴はなんといっても自然あふれる美しさ。

そのため植物は規則的に配置するよりも、不規則に植えるなど可能な限りナチュラルに工夫することがポイントです。

周辺に配置するものも、ウッドテイスト、アイアンテイストなど素材を統一すると憧れのイングリッシュガーデンに近づきますよ。

 

イングリッシュガーデンでおすすめの植栽

毎年花をつけてくれて手間がかからない宿根草など、イングリッシュガーデンには植えっぱなしでOKの多年草がおすすめです。

 

イングリッシュガーデンのおすすめ①:バラ

色や大きさに多彩な種類がありどんな庭にもなじむバラは、イングリッシュガーデンをつくるならぜひ植えたい多年草。

近年は病気に強く育てやすいバラの品種もあり、自宅の庭でバラを楽しむ人が増えています。

 

イングリッシュガーデンのおすすめ②:ラベンダー

落ち着いていてかつ美しい紫の色合いが映えるラベンダー。

ナチュラルアロマの要素も兼ね備え、イングリッシュガーデンで人気の多年草です。

ラベンダーの並ぶ庭を見かけることも多いのではないでしょうか。

高温多湿に弱いことが特徴なので、夏は風通しをよくして育てるなどの工夫が必要です。

 

イングリッシュガーデンのおすすめ③:オリエンタルポピー

ヨーロッパで人気のケシで、大輪が特徴のポピー(和名:オニゲシ)。

秋に植えて越冬させることで地中に根をはり、春には大きな花を咲かせてくれる多年草です。

色の種類も豊富なので、庭の雰囲気に合わせて咲かせたい植栽のひとつ。

 

小さな庭にも映える自然いっぱいのイングリッシュガーデンを作ろう

イングリッシュガーデンは、その土地に根ざした自然のままの植物を楽しむスタイル。

なので庭が小さな住宅でも楽しめます。

ナチュラル感を発揮したイングリッシュガーデンは、小さな庭でも作ることが可能ですよ。

せっかくの家づくり。ぜひお庭のご要望もお聞かせください。

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!