BLOGブログ

お役立ち情報

住宅ローンにおける「団信」とは?団信の仕組みを解説!

団信とは?

住宅ローンを借入する際、ほとんどの場合で、ローン会社から団体信用保険、通称「団信」への加入を求められます。 この「団信」は簡単にいうと、住宅ローン専用の生命保険です。 団信は、住宅ローンの返済中に債務者が死亡状態、または高度障害状態に陥るなどして、ローン返済が困難になった際に、住宅ローンの残高を保険金で返済してくれる仕組みです。   こちらの記事もおすすめです 住宅ローンの「収入合算」とは?連帯債務と連帯保証とあわせて解説!  

団信の仕組み

団信を引き受けている保険会社は、ほとんどの場合ローン会社との提携を結んでいます。 そのため、住宅ローンを借り入れる際は、債務者はローン会社を通じて団信に加入します。 団信の保険料は、ローン会社負担が一般的なので、債務者が住宅ローン返済金額以上の返済義務を負うことはありません。 つまり、団信は、ローン会社が万一の場合に損害を被らないように、債務者に対して保険をかけている仕組みということです。  

団信の適用範囲は?

通常、団信は債務者のみが加入するため、団信の適用範囲は加入者に限定されます。 しかし、ペアローンなどのように連帯債務者がいる場合には、団信の種類によっては、二人で加入することが可能です。 二人で加入した場合には、夫婦のいずれかが返済不可になった場合に、住宅の持ち分や返済額に関わらず、ローン残高の全額を保険会社が負担します。  

団信の個人加入について

ローン会社のなかには、団信への加入を必須条件にしていないローン会社も存在します。 その場合に、団信に加入したければ、個人で加入することが可能です。 しかし、保険料は加入者負担ですので、注意してください。 また、死亡や高度障害状態ではなく、就業不能や三大疾病になった時に適用される団信も存在します。 また、保険料を自己負担することで、通常の団信に上記のような特約をつけられることもあります。 よく検討して、自分に合った団信に加入するようにしましょう。  

団信加入の相談は家づくりのプロに

団信をはじめ、家づくりには多くの仕組みが用意されています。 これらの仕組みをよく理解して、最大限利用することで、家づくりの費用を抑えることができ、万一の時の備えになります。 団信をはじめとした、家づくりの際の仕組みが気になる方は、ぜひ一度家づくりのプロにご相談ください。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!