BLOGブログ

お役立ち情報

新築の外観と性能をランクアップする玄関ドアについて解説!

玄関ドアの重要性

せっかく家を建てるのですから、やはり性能だけでなく見た目にもこだわりたいですよね。 家の外観を決めるうえでも、特に目に付くのが家の顔とも呼べる玄関口。 その玄関口の印象を決めるうえでとても重要な役割を果たすのが玄関ドアです。 新築の玄関ドアに関するご要望はとても多く、やはり多くの方が玄関ドアのデザインを重要視していることがわかります。 しかし、玄関ドアはデザイン面だけでなく、機能面でもとても重要な役割を果たすのです。 というのも、玄関ドアは「開口部」と呼ばれる、室内と室外が接する部分であり、性能次第で、断熱性や遮音性、気密性などの多くの部分を左右するからです。 新築の玄関ドアを選ぶ際にはデザインだけでなく、機能面も考慮して選ぶようにしましょう。  

玄関ドアの性能とは?

最新の玄関ドアの性能がとても充実しているのはご存じでしょうか? 例えば、両手がふさがっていても、スマホやカードキーと連携して施錠開錠を行うドアや、鍵が範囲内にあれば、ボタンを押すだけで施錠と解錠ができるようなものもあります。 また、セキュリティ面だけではなく、家の気密性や断熱性を上げるドアもあります。 家全体の気密性と断熱性を高めることで結露が減り、カビの発生を抑制することができるのです。 カビは健康に悪影響を及ぼすので、結露を減らすことで家族の健康を守ることにもつながります。 また、玄関から外の冷気が伝わりにくくなることで、廊下の温度が低くなることを防げます。 廊下の温度低下は、ヒートショックの原因にも成り得るため、玄関ドアの性能は健康面でも重要だといえるでしょう。 断熱性を重視して玄関ドアをドア部分だけにしてしまうと、採光が思うようにいかず、廊下が暗くなってしまいますよね。 そこで、玄関ドアにも複層ガラスを埋め込むなどの工夫をすることで、断熱性を損なうことなく光を取り込むことができます。  

注文住宅で理想の玄関口を実現

近年では多くの会社から、デザイン面と機能面の両方を兼ね備えた玄関ドアが販売されています。 しかし、いくら選択肢が多くても基準を知らなければ、本当に良いものを選ぶことはできません。 注文住宅であれば、多くのデザインと特徴を持つドアの中から、ご希望に合わせて選ぶことができます。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!