BLOGブログ

お役立ち情報

個性的な空間への憧れをカタチにするジャンクスタイルとは?

ガラクタもかっこいいインテリアに!

皆さんは自分の部屋をどのような部屋にしたいでしょうか? スタイリッシュでモダンなホテルやフォトジェニックなオープンカフェなど、きれいで整頓された空間に憧れを抱く方は多くいるでしょう。 しかし、メカニックでガチャガチャしていて、ジャンク品が雑多に並んでいるお店やガレージのような個性的な空間に憧れている方はいないでしょうか? 個性的な魅力を醸し出すこのような空間は、「ジャンクスタイル」と呼ばれているインテリアスタイルの一つです。 今回は、いわゆる「ガラクタ」を最大限に生かしたかっこいい空間を作る「ジャンクスタイル」を紹介します。  

「ジャンクスタイル」で作る空間

「男前インテリア」はご存じですか? 男前インテリアとは、インダストリアルやブルックリンスタイルなどの、無骨でシンプルなインテリアスタイルのことを指し、ジャンクスタイルも男前インテリアの一つとされています。 ジャンクスタイルでは、一見ガラクタに見える古いアイテムや、あえて傷のある家具を取り入れて、粗削りでクールな空間を形作っていきます。 また、時には新品のアイテムにあえて色あせや傷加工などを施して、自分好みのアイテムに作り替えることもあるのです。  

ジャンクスタイルに欠かせない雑貨

インテリアにおいては家具に主眼が置かれ、小物、雑貨類は軽視されがちですが、ジャンクスタイルを作り上げるには古さ、粗さを出すための雑貨が欠かせません。 古さとはいっても、日本家屋のような古さではなく、アメリカンな古さのある木箱や木製の看板など、ワイルドでいて原始的なものがおすすめです。 ジャンクスタイルを成立させるためには、アイテムの並べ方も重要です。 アイテムをあえて雑多に並べたり、床に並べたりして、自分の好きなように配置してみましょう。 また、家具を重要視せず、雑貨を使うジャンクスタイルでは、気に入った小物があればすぐに取り入れることができるので、いったん部屋を作った後でも雑貨収集を楽しむことができます。 以上のように、アイテムの並べ方や雑貨収集を続けることができるので、「ジャンクスタイルに完成はない」といえるかもしれませんね。  

暮らしに取り入れやすいジャンクスタイル

ジャンクスタイルは非常に自由度の高いインテリアスタイルです。 自分が気に入ったものであればなんでもインテリアにすることができ、廃材や使い終わったごみなども活用できます。 また、DIYが好きな方にもおすすめです。 主要な材料として木材を用いるジャンクスタイルでは、自分好みのインテリアをDIYで作り上げて取り入れることができます。 また、あえて、古い木材を使ってイスを作ったり、ステッカーを木箱などの雑貨に貼ってジャンク感を出すことも可能です。 男臭いイメージのあるジャンクスタイルですが、材料に木を使っているので、植物もよく合います。 女性の方でも、この機会に植物の置台をDIYで作っても面白いかもしれません。 以上のように、廃材を使ったり、自分でインテリアを作ったりするジャンクスタイルは、暮らしの中に取り入れやすく、自由度の高いインテリアスタイルだといえるでしょう。  

本当のジャンクスタイルは家から?

一つの空間をジャンクスタイルで作り上げるだけでは物足りない方には、家づくりからジャンクスタイルを見越したつくりにすることをおすすめします。 例えば、以下のような工夫をすることで、よりジャンクなスタイルに近づけるのではないでしょうか? ・壁や床、天井の色を黒にする ・天井を高くして、上からモノをつるすことができるようにする ・レンガを取り入れるなど、材質を工夫する   他にも、あなたのイメージ次第で取り入れることができる工夫はたくさんあります。 自分好みの空間を作り上げたいという方は、ぜひあなたの理想の空間をプロに相談してみてくださいね! tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!