BLOGブログ

お役立ち情報

土地選びは学区を考えた方がいい?家を建てる前に知っておきたい豆知識

理想の暮らしを実現するためには、土地選びはとても重要なポイントです。

お子さんがいる方は、通学することになる学校についても気になることでしょう。

学区という言葉は聞いたことがあっても、学区がどういったものか、土地選びにどこまで関係するかを説明できる人は少ないかもしれません。

そこで今回は、土地を選ぶときに判断基準となる「学区」について詳しく解説していきます。

土地選びで気になる「学区」のこと

新築住宅のための土地を探すポイントはさまざまなものがあります。

通勤・通学などの利便性、近隣環境、近隣の施設など、治安の良さ、親族が近くに住んでいるといったこともあるでしょう。

その土地が好きといった感覚的な部分も重要な要素になるかもしれません。

その中でも、子供の小学校・中学校時代の9年間に関わりがある「学区」は一つの判断基準です。

ここからは、学区についてもっと詳しくみていきましょう。

学区とは?

学区とは公立小学校・中学校において指定されている区域のこと。

通学区や校区とも呼ばれます。

住んでいる地域によって、どこの公立小学校・中学校に通うことになるのかが決定します。

例外もありますが、基本的に学区外の学校には通学できません。

そして、学区は、単純に小学校への距離だけで決められているわけではありません。

交通量の多い道路を横断しない、危険な場所を通らないといった通学上の安全面も考慮されています。

希望の学校が決まっている場合は、自治体のホームページで一度確認してみましょう。

人気の学区もある

すでに子供が通っている学校を転校させたくない場合や、これから通いたい公立の小学校・中学校がある場合は、その学区内で土地を探していきます。

公立小学校・中学校の中でも、評判が高い学校、人気が高い学校が存在します。

希望者が多い学区では、相場よりも土地の値段が上がることもあることを覚えておきましょう。

土地選びで学区を考慮する場合の購入のタイミング

学区を考えた場合に、土地を購入するときのタイミングは大きく分けて二つです。

  1. 小学校入学前に、学区を選ぶ
  2. 小学校入学後に、決まった学区内で選ぶ

子供が小学校に通学していて別の学区に引っ越した場合、転校を経験します。

もし、今小学校入学前のお子様がいる場合は、入学前に家を建てると良いかもしれません。

入学後に選ぶ場合でも、学区内から土地を探すといった条件で対応できます。

人気の学区の場合、土地がみつからないということもあるため、早くから探し始めることをおすすめします。

まとめ

土地選びには、交通の便や住環境などさまざまなポイントがあり、その中の一つに学区があります。

学区は、公立小学校・中学校に通う場合の区域分けのことです。

もし、通学中の子供がいて転校を避ける場合、学区内で、近隣環境などその他の希望条件も満たさなければならないため、土地を探すのが困難になる場合も。

学区を考慮した土地選びは、地域に根ざした住宅販売のプロと一緒に進めませんか?

専門家に相談しながら、理想の暮らしを実現させましょう。

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!