BLOGブログ

お役立ち情報

新築一戸建てで失敗しないために!間取りのコツを押さえよう

住宅は高い値段で購入するにも関わらず、残念ながらトラブルが起きやすいもの。

入居してから失敗したと思わないように、住宅購入でありがちな失敗談を知り、回避したいですね。

今回の記事では、新築一戸建てで失敗しないための5つのポイントを紹介していきます。

新築一戸建てで起こりやすい失敗を理解しておこう

新築一戸建てを購入する際に起こりやすい失敗は、価格や広さで選び、生活の快適さや安全性が十分に考慮できていないこと。

規格住宅や建売住宅は、万人受けするようなオーソドックスな間取りが採用されています。

快適な家の間取りは、家族の人数やライフスタイルによって異なるもの。

住み始めてみたら、洗濯や料理などの家事がしにくいといった問題が起こる場合もあります。

新築一戸建てで失敗しないための5つのポイント

新築一戸建てによくある失敗談を避けるためには、購入前の確認が重要です。

ここからは、実際に起きやすい失敗を回避する方法を紹介していきましょう。

収納スペースを確保する

部屋ごとに、必要な量の収納ができるスペースを確保しましょう。

住宅の平面図をみているだけではイメージが湧きにくいもの。実際の建築事例に足を運ぶなどして、収納量のイメージをつけておくことをおすすめします。

ゾーニングを行う

玄関やリビングなどのパブリックゾーンと、寝室や子供部屋などのプライベートゾーンを区分して計画しましょう。例えば、パブリックゾーンの行き来の途中に、寝室があるなど、不自然なゾーニングは避けましょう。

無意味な空間を減らす

上手に使いこなせないような、無駄な空間は作らないようにしましょう。

たとえば、廊下の幅が広すぎる、洗面所が広すぎるといった空間の無駄がないかどうかを確認します。

生活の動線を考える

毎日の生活がスムーズにできる、快適な動線を考えましょう。

洗濯動線、収納動線など、実際にどの部屋を移動しながら行うのかを確認します。

見落としがちなのが、寝室や子供部屋から布団を干す動線。実際の生活がはじまってからのシミュレーションをしておくと良いですね。

水廻り位置を確認する

キッチン、お風呂、トイレなどの位置関係を考えましょう。

水廻りの部屋の行き来がスムーズにできるかどうかは、家事効率に直結します。

新築一戸建てで失敗しないために専門家に相談してみよう

新築一戸建ての家を購入する際には、間取りを慎重に検討しましょう。

快適に過ごすための間取りは、家族の人数や年齢など、個々のライフスタイルによって異なります。

新築一戸建ての購入で失敗しないためにも、住宅のプロに相談してみましょう。

実際に数多くの住宅を販売したことのあるプロに話を聞くと、個々の家族にあった適切なアドバイスがもらえるはずです。

まとめ

新築の一戸建てで快適な生活ができる間取りは、購入前の確認が重要です。

収納スペース、生活動線、水廻りの位置を確認するといった方法が有効です。

迷いが出たら、住宅の専門家に相談してみましょう。

住宅販売経験を豊富に持つプロのアドバイスを取り入れることで、後悔や失敗が避けられるかもしれません。

家族構成や個々のライフスタイルにあわせて、間取りを自由に決められる注文住宅を建てませんか?

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!