BLOGブログ

お役立ち情報

インダストリアルインテリアとは?今注目の男前インテリアについて解説

男前インテリアを目指すなら「インダストリアル」に注目

最近注目されている「インダストリアルインテリア」をご存知でしょうか?

これは「男前インテリア」と呼ばれるインテリアの一種で、男性っぽくてかっこいい部屋づくりのことを指し、男性だけでなく女性にも人気が高まっています。

インダストリアル(industrial)とは「工業の」「産業の」という意味で、ここでは機能美を活かしたデザインや、工業街を連想するコンクリートやスチールなどの材料を活かしたインテリアを意味します。

海外では100年以上もの歴史があるスタイル。

当記事ではインダストリアルインテリアの歴史や素材について解説します。

 

「form follows function」から見るインダストリアルデザインの歴史

「form follows function」とは、「形態は機能に従う」という意味を持つデザイン用法の指標で90年代初頭、アメリカの建築家ルイス・サリヴァンの言葉が起源です。

つまり「形よければ中身よし」という意味で、デザインが美しいものは機能性も優れているという観点を指しています。

大量生産・大量消費の時代の突入とともに、それまでは手作業だったアメリカの製造業は徐々に機能的な生産体制に移行。

時代の変化に合わせて合理的で機能的なインテリアや建築様式が誕生しました。

インダストリアルデザインは、これらのムーブメントの中で生まれた言葉だといわれています。

当時は、機関車や船のボディに象徴されるストリームライン(流線型)がインダストリアルデザインとして流行しました。

現代でも、新幹線や冷蔵庫などさまざまなモノやツールにおいて取り入れられているデザインです。

 

インダストリアルインテリアにおすすめの素材

インダストリアルデザインの起源について解説しましたが、現代においては当時の家具や建築のテイストを現代風にアレンジして取り入れられています。

産業や工業を象徴する工場・倉庫といったレンガ、配管、コンクリート、スチールといった無機質な素材をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

これらのアイテムを使った機能美、そして無機質な素材になじむニュートラルな色味が、現代のインダストリアルインテリアの特徴です。

 

基本的なインダストリアルインテリアの素材

無機質で無骨なインテリアを演出するには、重厚感のあるレザー素材、朽ちて丸みを帯びたレンガ、アイアンと木材の組み合わせなど、工業的な素材が基本となります。

インダストリアルインテリアと相性のよい家具

前述の通りインダストリアルインテリアは20世紀のはじめに生まれ、長く愛されてきたインテリアスタイルのため、ヴィンテージものと相性がぴったり

無機質×有機物のコントラストも映える

インダストリアルインテリアは無機質で無骨であることを強調してきましたが、実は有機的なものとも相性抜群

工業的なインテリアの中に植物があるとコントラストが生まれ印象的な部屋に仕上がります。

 

インダストリアルインテリアの配管(ダクト)使い

インダストリアルインテリアに多く活用される素材に、配管(ダクト)があります。

コンクリート打ちっぱなしのインテリアなどでよく、あえて配管をむき出しにしたデザインのカフェやお店を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

実際に機能する配管はもちろん、素材としてDIYを楽しむのもひとつの手です。

丈夫な素材なので、家具や棚などのDIYにはうってつけ。

インダストリアルインテリアの住宅をご検討されている方は、配管を使ったインテリアにも注目してみてください。

 

インダストリアルインテリアのレンガ使い

20世紀初頭の工場壁などが連想されるようなレンガの素材も、インダストリアルインテリアには欠かせないアイテムです。

本物のヴィンテージレンガはハードルが高いという方も、壁紙やアクセントタイルなどさまざまなレンガ調アイテムを組み合わせて使用することで、雰囲気あるお部屋づくりが実現できます。

 

「インダストリアルインテリア」で男前インテリアを楽しもう

今回はインダストリアルインテリアについて紹介してきました。

インダストリアルインテリアは男前インテリアと呼ばれていますが、その機能美やヴィンテージ感は男性のみならず女性にも人気のインテリアです。

さまざまな素材や組み合わせ方など、インダストリアルインテリアを取り入れた家づくりのご相談をお待ちしています。

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!