BLOGブログ

お役立ち情報

オークとウォールナットの人気の秘密は?人気の木材について解説!

木材の王道

日本建築で「オーク」といえば、基本的には「ナラ」の木材を指します。 特に北米産のオークを「ホワイトオーク」と呼び、白い色が特徴の木材です。 虎斑と呼ばれる木目が特徴で、経年変化による色味の変化も魅力の一つですね。 オークは、頑丈で傷がつきにくく、家具からフローリングまで、広く使用されている人気の木材です。 もう一つ、同じく頑丈で傷がつきにくく、人気の木材に「ウォールナット」という木材があります。 ウォールナットは、濃い色が重厚感を与えることから、ホテルやモデルルームなどでよく見かけられます。 木材は、一般的に濃い色に経年変化させるのですが、ウォールナットは経年変化で色味を薄く変化させるのです。 色あせと呼ばれる、珍しい経年変化を楽しむことができるのも、ウォールナットの魅力だといえますね。 今回は、明るい色の木材の代表格である「オーク」と、暗い色の木材の代表格「ウォールナット」についてご紹介します。  

二種のフローリング

オークとウォールナットの二種は、フローリングに使われることも多いです。

オーク材のフローリング

ホワイトオークのフローリングにすると、部屋全体が明るい印象になります。 そのため、ナチュラルなカントリー調のインテリアによく合うでしょう。 また、北欧インテリアによく使われていることから、北欧インテリアとの相性も抜群です。

ウォールナットのフローリング

色の濃いウォールナットのフローリングは、部屋全体を重厚感で包むでしょう。 暗い印象のウォールナットのフローリングは、他のインテリアと合わせにくいと思われがちです。 しかし、落ち着いた印象のウォールナットは、いろいろなジャンルのインテリアをまとめてくれるので、逆に幅広いインテリアを合わせることができるでしょう。  

二種のダイニングテーブル

インテリアの中でも、ひときわ目立つダイニングテーブル。 あなたなら、二種類のうちどちらを採用しますか?

オーク材のダイニングテーブル

木目がきれいで、明るい色のオーク材は、ダイニングテーブルに取り入れることで、食卓を明るくしてくれるでしょう。 きれいな木目を楽しみながら、食事をとることができるのは、無垢材のオークならではですよね。

ウォールナットのダイニングテーブル

重厚感のあるウォールナットは、ダイニングテーブルに取り入れることで、高級感のあるダイニングを演出してくれます。 色がシックで主張が強いので、全体を見てまとまりが出るようにコーディネートできるとよいですね。  

家具を含めた費用計算はプロに相談

家づくりで理想を追い求めた結果、コストが大幅にオーバーしてしまうことはよくあることです。 その際、必ずしも必要ではない家具の購入費用が真っ先に削られてしまうことが多いのです。 しかし、誰しも自分の好みの家具の購入を妥協したくはないですよね。 また、多少値が張っても、長く使うことで、ランニングコストで見たら安くなるかもしれません。 家づくりのプロに相談することで、家づくりのコストの抑え方に加え、家具の本当の価値がわかるかもしれませんよ。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!