BLOGブログ

お役立ち情報

リビングに書斎を設置?自分だけのワークスペースを実現

大人の憧れ「書斎」

「自分の好きな本に囲まれて自分だけの時間を満喫したい」 家を建てる際にこのような憧れを抱いたことはありませんか? しかし、子供部屋や収納などの他の住空間が優先され、なかなか実現しないことが多い書斎。 限られた土地の中では空間や間取りも限られているので、書斎のスペースを確保できないケースも多いです。 しかし、あきらめる前にもう少し選択肢を広げてみましょう。 実は、リビングにワークスペースを設けることも、選択肢の一つとなり得るのです。  

リビングの書斎は書斎と呼べるのか

書斎と聞くと、「重厚な雰囲気のある大人の部屋」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 そのため、開放的なイメージのあるリビングに設置しても、書斎とは呼べないのではないかと思われる方もいるでしょう。 しかし、以下に紹介するようなアイデアで、書斎のようなワークスペースを実現することができるのです。  

リビングに書斎を実現するためのアイデア

・本棚を壁代わりにして仕切る 書斎といえば、本ですよね。 本棚を壁に見立てて区切り、スペースを作ることで、おしゃれなワークスペースに仕上げることができます。 スペースの節約にもなり、簡単に試すことができる方法の一つです。 ・壁に向かって本格的なデスクを設ける 開放的な空間であるリビングですが、リビングの壁に向かってデスクを設置することで、集中できるワークスペースを作ることができます。 更に、ワークスペースを観葉植物や本棚、戸棚で区切れば簡単なコワーキングスペースを実現することができるでしょう。 また、家族全員が使いたい時に使うことができるのも、この方法の魅力です。 ・間取り上の工夫 間取り設計の段階から、リビングに書斎を作ることを想定した方法です。 壁の配置や家具の設置を工夫することで、個室とはいかないまでも、より集中のできる独立した空間を実現できるでしょう。  

ワーキングスペースはアイデアと間取り次第

近年注目のリモートワーク。 「在宅勤務」などの言葉も多く聞かれる昨今では特に、家の中に集中できるワーキングスペースを設けることが、多くの家族の選択肢に入ってくることでしょう。 とはいえ、中心部で書斎を個室で作ろうとすると、間取り上の都合から、なかなか実現できないことも多いです。 その際は、リビングの一角に書斎のようなスペースを設けることも、選択肢の一つであることも忘れないでくださいね。 また、設計の段階から、リビングに書斎を設けることを想定しておけば、さらにリビング書斎の自由度は広がるでしょう。 注文住宅であれば、「リビングに書斎のようなスペースを設けたい!」というご要望にもお応えすることができます。 働く現代人の利便性の向上と憧れの実現を、同時に満たすリビング書斎を実現したい方は、まずは家づくりのプロに相談してみましょう! tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!