BLOGブログ

お役立ち情報

ミニマリストの断捨離術でキッチンを解放する

窮屈なキッチンから解放されたい

キッチンがごちゃごちゃしていると、料理をする気持ちが失せてしまいますよね。 誰だってキッチンはキレイにしたいもの。 しかし、「キッチンのものは必要なものばかりで減らせないから…。」と諦めている方もいるのではないでしょうか? そのような方は、モノをできるだけ持たない生活をしている「ミニマリスト」のキッチンを参考にしてみると、キッチンをすっきりとさせるヒントが見つかるかもしれません。  

水きりかごを使用しない

洗った食器を立てかけて乾かすための水切りかご。 意外に場所をとることので、水切りかごを使わないミニマリストも多いのです。 そのようなミニマリストは食器を洗ったら布巾などで水気をとってそのまま収納したり、吸水マットやスポンジワイプを代わりに利用しています。 このようにすることによって、キッチンが広々と見えますし、より少ない面積で食器を乾かすことができるのです。 もちろん、食器類が多い場合などで、水切りかごを利用したほうがいいという場合もあるので、ライフスタイルに合った断捨離を心掛けましょう。  

収納の大きさ=ライフスタイル

必要なものだけを使うということは意外にも難しいものですよね。 「便利だと思って購入したけど、全然使ってないもの」もたくさんあるのではないですか? 収納は大きければいいと考えがちですが、必要以上の収納力は「無駄なもの」をため込むことにもつながります。 余分な収納を削れば、その分ほかのことに利用することができるのです。 家づくりにおいても「モノの必要性」を考えることが重要。 あなたにとって必要なものを体現できる、それが注文住宅なのです。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!