BLOGブログ

お役立ち情報

見積もりでびっくり!家づくりで予算オーバーした場合はどうする?

予算がオーバーした時はどうするべきか?

家づくりにはかなりの費用がかかりますよね。

夢のマイホームなので、立地から外装、内装やインテリアなど、こだわりたい場所を挙げるとキリがないことでしょう。

しかし、希望を伝えて、いざ「見積もり」を出してもらうと、一千万円以上オーバーしてしまっているというケースも決して少なくありありません。

一方で、一千万円規模の予算カットだと土地を選びなおしたり、設備のグレードを大きく落とす必要があり、理想とかけ離れた家が出来上がってしまうかもしれません。

これでは、あなたの希望を叶える住宅を建てる「注文住宅」の意味がありませんよね。

そこで、本記事ではあなたの予算の悩みを解決する方法をご紹介します。

家づくりの予算を決めるにあたって

突然ですが、あなたの家づくりに対する熱意はどれほどのものでしょうか?

ただ、希望だけを伝え、ハウスメーカーに任せっきりでは、本当に満足のいく家が完成するというわけではありません。

何よりも重要なのはお客様の「理解度」。

理解度とは、例えば以下のようなものがあります。

・その家に実際に住むイメージ

・ライフプランと照らし合わせる(どれくらいの時間を自宅で過ごすか、自宅をどんな場所にしたいかなど)

・将来設計、家族構成

これらを総合的に考え、ハウスメーカーと一緒になって家づくりを進めることで、愛着がわき、本当に満足のいく家を作り上げることができるのです。

つまり、予算がオーバーした際には、ご自身で以上のような点を踏まえ、削れる要素、譲れない要素を判断することが重要です。

予算内に収まらなくても譲れないと判断した際には、予算をオーバーしてでも取り入れた方がいいこともあるでしょう。

そうしていくことで、きっと、あなたの暮らしを豊かにしてくれます。

わからないことはプロに相談

この記事で紹介したように家づくりにおいて、何よりも重要なのは自分でもよく考え、わからないことはプロに相談するということです。

長く住む場所なので、本当に満足できる家を作っていただきたいとミタス・カンパニーでは考えております。

そのためにわからないことはプロに相談し、一緒になって家づくりを進めていきましょう!

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!
https://yamashitaya.co.jp/contact