BLOGブログ

お役立ち情報

天井が届かなくて掃除が大変?吹き抜けを作る際の注意点は?

明るくて開放感のある吹き抜け

心地よい風と光に包まれた暮らし。

吹き抜けは天井が高く、光も多く取り入れることができるので、明るい暮らしを実現してくれるでしょう。

住みやすく、おしゃれな空間を演出してくれる吹き抜けにあこがれて、マイホームには吹き抜けを取り入れたいとお考えの方は多いと思います。

 

しかし、吹き抜けは天井が高く、掃除が大変です。

そこで今回は、吹き抜けの掃除のコツをご紹介します。

吹き抜けの天井の掃除方法

普段の掃除では届かない天井の掃除は、業者に頼む必要があると思われがちです。

ですが、使用する掃除道具によっては業者に頼む必要もなく、自分で掃除することができます!

通常の掃除道具では難しいですが、長い柄の先にモップやガラスワイパーがつけられた専用の道具を使います。

普通の道具では届かない天井には、これらの道具を使うことで、床に足をつけたまま作業することが可能です。

大きい脚立を使うのは危険ですし、専門業者を呼ぶのにはコストがかかるので、専用の道具を用意しておくことをおすすめします。

また、吹き抜けの掃除を行っていると、ほこりが高いところから落ちてくるとがあります。

気になる方は、吹き抜け掃除ができる掃除機もあるので、天井まで届く掃除機を取り入れてみてはいかがでしょうか。

吹き抜けを設置する際の注意点

吹き抜けのある生活は光と開放感をもたらしてくれるのと同時に、どうしてもだだっ広い空間になりがちです。

そこで重要なのが「住宅性能」です。

空間が広い分、冷暖房効率が下がるので、気密性が低いと夏や冬の寒暖への対応が難しくなってしまいます。

吹き抜けを作るのであれば、家のつくりは高気密高断熱の素材を使うことをおすすめします。

 

現実に則した家づくりを

吹き抜けのある生活のイメージは確かに豊かであこがれるものです。

しかし、実際には専用の掃除道具が必要であったり、住宅に求められるスペックが上がったり、デメリットも存在します。

吹き抜けを作るために必要なコストや、作ってからのお手入れの負担など、総合的な要素で判断して、設置するようにしましょう。

tattaでは、以下のリンクから住宅に関するご相談を受け付けているので、いつでもお気軽にご相談ください!
https://yamashitaya.co.jp/contact