BLOGブログ

お役立ち情報

住宅ローンの金利はどれを選べばいいの?賢い選び方を解説

住宅の購入には、多額の資金が必要になるため、多くの方は住宅ローンを組みます。

返済金額が大きく、長期にわたって返済していく住宅ローンは、滞りなく返済していけるか不安に思う方もいるかもしれません。

住宅ローンは、借入先や金利のタイプを比較して選ぶ必要があります。

今回の記事では、住宅ローンの金利の種類と、賢い選び方を解説していきましょう。

住宅ローンの賢い選び方は?

住宅ローンを賢く選ぶためには、まず借入の流れを理解しましょう。

住宅ローンの借入をするためには、購入する土地を決めます。土地と住宅を購入する注文住宅の場合には、土地と建物の住宅ローンを同時に申し込むことも可能です。

金融機関と、土地と建物の金銭消費貸借契約を締結し、金融機関での審査が終了すると、融資が実行されてローンが利用できます。審査には、一般的に一カ月半ほど期間がかかります。

次の項からは、住宅ローンの重要な要素である金利タイプの選択を解説していきましょう。

住宅ローンの金利や選び方など返済シミュレーション

住宅ローンの金利は大きく分けて以下の3つの金利タイプがあります。

  • 全期間固定金利型
  • 固定金利期間選択型
  • 変動金利型

それぞれ紹介していきましょう。

全期間固定金利型は、全期間にわたって金利が変動しないローンのこと。毎月の返済額があらかじめ分かっているので、家計の管理がしやすいのが魅力の一つです。

固定金利期間選択型は、支払い当初は固定金利で借入を行い、その後は固定金利か変動金利かを選ぶローンです。

変動金利型は、年に2回ほど金利が見直されるローンです。返済シミュレーションをする際には、トータル金額で比較して、金利を選択していきましょう。

住宅ローンのことは専門家に相談してみよう

住宅ローンについて迷うことがあれば、住宅販売のプロに相談しながら決めましょう。

住宅の専門家は、お得な借入先や、返済方法の比較など、さまざまな情報を持っています。

また、家族構成や返済の開始年齢、今後のライフプランによっても最適な住宅ローンは異なります。

住宅ローンは、額も大きく返済期間も長期に渡るという特徴があります。

自分にあった住宅ローンは、経験を豊富に持つプロのアドバイスを聞きながら決めましょう。

住宅ローンの賢い利用方法に関して、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

 

まとめ

住宅ローンの金利タイプには、固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型の3つがあります。

金利のタイプは、それぞれにメリット・デメリットがあり、人によって最適な住宅ローンは異なります。

返済額をシミュレーションするときには、今の生活だけでなく将来の必要や老後のことなども考えて、選んでいきましょう。

住宅ローンのことも相談できる、プロと一緒に注文住宅を建てませんか?

 

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!