BLOGブログ

お役立ち情報

入浴介助で使うシャワーチェア。選び方や使い方は?

入浴介助の負担を軽くするシャワーチェア

身体が不自由で、一人での入浴が困難である方の入浴を手助けすることを「入浴介助」といいます。

「入浴介助」は、滑りやすく狭い浴室内での介助になるため、負担が重くなりがちです。

そこで、被介護者の状況に合わせて適切な入浴補助道具を導入して、介護者と被介護者の双方にかかる負担を軽くすることが大切です。

その中でも、身体を洗う際の負担が双方ともに軽くなるもののひとつに、「シャワーチェア」があります。

最近では温泉に置いてあることもあり、目にしたことがある方もいるかもしれませんね。

このシャワーチェアには、様々なタイプのものがあるので、身体の状態に合わせて適切なものを利用するようにしましょう。

 

シャワーチェアの選び方

では、シャワーチェアは通常のイスと何が異なるのでしょうか?

まずは、浴室で使うものなので、水回りで使うことに適していることことが重要です。

そのため、「防カビ加工」がされていたり、座る面に水がたまらないように穴が開いていたり、滑りにくい加工がされています

このように「浴槽で使うこと」前提で作られているので、シャワーチェアが必要になった場合、普通のイスで代用せずにシャワーチェアを用いるようにしましょう。

これらに加え、身体の状況に合わせて使いやすいように様々な種類があります。

 

背もたれとひじ掛け付きタイプ

座る姿勢が不安定な方は、背もたれとひじ掛け付きのタイプを使いましょう。

背もたれとひじ掛けがついているため、座ったまま楽な姿勢で身体を洗うことができます

 

ひじ掛けのないタイプ

座る姿勢が安定している場合はひじ掛けがないタイプを選ぶと場所をとらず、コンパクトに使うことができます

背もたれの有無は身体の状態に合わせて選んでください。

長時間座っていることがつらく感じられる場合には、背もたれのみがついているタイプを選ぶとよいでしょう。

 

折り畳みタイプ

シャワーチェアを被介護者の方のみが使われる場合には、折り畳みタイプという選択もあります。

使わないときには、折りたたんでしまっておくことができるので、場所をとらないという利点があります。

しかし、被介護者の方が自分で広げて使うのが困難である場合には、介護者の方が広げる必要があるので注意しましょう。

また、折り畳みタイプはコンパクトであるゆえに、機能やサイズ、形状が、固定タイプのものに比べて機能面で物足りないこともあるので、よく確認するようにしてください。

 

シャワーチェアを使わない

シャワーチェアを使わずにそのまま浴室の床に座るという選択肢もあります。

歩行が困難な場合に、車いすからシャワーチェアに移動することになりますが、その際、浴槽の環境によってはシャワーに届かないことがあります。

このような環境ではあえてシャワーチェアを使わなくてもよいでしょう。

しかし、シャワーチェアがないことで、踏み台となるものがなく、浴槽への入浴が難しくなるかもしれません。

その場合には、手すりを付けたり、お風呂の床を高くして浴槽との高さの差を縮めるとよいでしょう。

 

他の入浴補助道具

入浴介助に必要な道具を入浴補助道具といいます。

シャワーチェアの他には滑り止めマット、浴槽をまたぎやすくする補助グリップ、浴槽への移乗をスムーズにする移乗ボードなど、様々なものがあります。

身体の状況に合わせてこれらを利用することで、介護者と被介護者双方の負担を軽減することができるので、取り入れてみてください。

 

体の不自由な人が暮らしやすい家に

体の不自由な方にとって「入浴」は非常に難しいものです。

しかし毎日行うものでもあるので、できるだけ楽に行いたいですよね。

そのためには、例えば滑りにくい床にする、浴室のスペースを広くする、ヒートショック予防のための浴室暖房など、浴室の設備を充実させることが必要です。

しかし、浴室のリフォームにはお金と時間がかかります。

そこで、新築時から将来の事を考えて「バリアフリー」に対応した設計にしておくのはどうでしょうか?

浴室に限らず、階段をなるべく少なくする、段差をなくすなどの設計は普通に暮らすうえでの、負担が減ることにもつながります。

いざという時に慌てることのないように、ぜひ一度考えてみてくださいね。

tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!