BLOGブログ

お役立ち情報

子供の教育はどこで?教育のための土地選びとは

子育てには土地選びが重要

子供が成長するとともに、ライフプランに関する重要な決断が増えてきます。 その中でも重要なことの一つが「小学校・中学校を選ぶこと。」 また、学校を選ぶことは土地を選ぶことでもあります。 そのため、子供がいる家庭は家を建てる場所を考える際に「子供の教育」を頭に入れる必要があるのです。  

公立と私立の違い

公立校に通う場合と私立校に通う場合では、どのような点が異なってくるのでしょうか? それぞれ解説していきます。

お子様が公立校に通う場合

公立校に通う場合には「学区」が重要になってきます。 なぜなら、公立の場合には通いたい(通わせたい)学校の学区外に家があると、通うことができない可能性があるからです。 つまり、目的の公立学校がある場合には、土地エリアはおのずと限られることになります。

お子様が私立校に通う場合

目的の学校が私立校の場合には、学区が存在しないので、土地の制約はありません。 しかし、次のような要素も考慮しながら総合的に判断する必要があります。
  • 家からの通いやすさ(公共交通機関等)
  • 治安の良さ
もちろんこれらの要素は公立校に通う場合でも、考慮する必要があります。

100%希望を満たす土地を見つけるのは困難

親や子供の希望が100%満たされる土地を見つけるのは困難です。 加えて、「学区」などの限られた土地の中で希望の土地を探すことはさらに難しくなります。 なので、家づくりを考えた初期段階から、土地に対するイメージを持っておくことが大切です。  

教育費用を考えた土地・家選びを

子供の教育費は、どの学校を選ぶかで変わってきます。 特に、公立か私立かによって必要な資金は大きく変わってくるでしょう。 また、教育費用は長期的にかかる費用ですので、将来の年収などから逆算して可能な範囲で教育プランを考えることが重要です。 どの学校を選ぶかによって、家を建てる場所も変わりますので、学校を選ぶ際は慎重に選ぶようにしてくださいね。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!