BLOGブログ

お役立ち情報

犬が階段を使うことは危険?愛犬のために知っていてほしいコト

愛犬を大切にしたい気持ち

愛犬の身体を気遣う。 この気持ちは犬を飼っている人共通のものだと思います。 しかし、それと同時に犬をご自宅でなるべく自由にさせてあげたいという気持ちもお持ちなのではないでしょうか。 とはいえ、ペットの「階段の上り下り」については多くの飼い主様が悩むことの一つでしょう。 そこで、今回は犬が階段を上り下りすることの危険性と、対策についてご紹介します。

階段の上り下りは危険なのか?

結論から申し上げますと、危険性はあります。 階段は人間が歩きやすい、使いやすい歩幅に合わせて作られています。 なので、犬の歩幅とは異なりますので、犬の身体に負荷がかかり体を壊してしまう危険性があるのです。  

特に注意が必要な犬種

ダックスフンドやコーギーなどの「胴長短足」である犬種は特に注意が必要です。 人間用の階段を上るには、足が短いため、腰を大きく使って上り下りすることとなります。 そのため、ほかの犬種に比べて大きな負荷が腰にかかり、椎間板ヘルニアになる危険性が高まるのです。

落下することもある

四本足で歩く犬は、頭が前に飛び出ているので上半身が重たくなります。 なので、階段を降りる時には、犬にとって必然的に重い方が下になってしまい大変危険です。 以上のような理由から、犬は階段を降りるときに恐怖を感じるケースが多いといわれています。 降りてきたとしても、重心が前に偏っているため、階段を踏み外して落下する恐れもあるでしょう。 なので、それでも階段を使わなければいけない場合は、何か対策をした方がよいです。 フローリングは滑りやすく犬の足腰に負担がかかるので、タイルマットなどのクッション性のあるものを敷くなどの対策をするとよいでしょう。 また、敷物をする際は滑らないように固定することを忘れないようにしてくださいね。  

大切な愛犬のために

「家」は家族全員の憩いの場であり、大切な家族を守ってくれるものでもあります。 愛犬も家族の一員。 大切な愛犬との暮らしをよりよいものに、大切な愛犬を危険から守るためにできることはやっておきたいですよね。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!