BLOGブログ

お役立ち情報

パソコンデスクスペースを確保するための間取りを考えよう

今では一家に一台が当たり前となっているパソコンですが、仕事だけでなく趣味などのプライベートでも毎日使用する人が多いのではないでしょうか。 デスクトップパソコンを置く場合、パソコンのサイズにあったパソコンデスクが必要になってきます。 また、快適に使うためにもパソコンデスクを置くスペースをきちんと検討しないといけません。

家づくり段階からパソコンデスクスペースの確保が必要

ノートパソコンのように持ち歩きができるタイプと違い、デスクトップパソコンはコンセント周りに設置し、常にコンセントと接続した状態でなければなりません。 また、デスクトップパソコンの本体だけでなく、モニターやプリンター、キーボードなどの周辺機器もあるとその分コンセントやスペースを設ける必要も出てきます。 さらに、インターネットと接続するための有線LANケーブルを引っ張ってくる必要もあります。 パソコンなんてどこにでも置ける、と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが実は家づくりの段階から考えておく必要のあることがたくさんあります。 パソコンデスクスペースを検討中の方は、パソコンスペースに置く予定の機器やコンセントの数を考え、家づくりの段階からイメージしておくようにしましょう。

理想的なパソコンデスクスペースはどのくらいの間取りを確保すべき?

パソコンデスクスペースを確保するのに必要な間取りはどのくらいでしょうか。 例えば、ダイニングにパソコンスペースを確保すると家族で共用できるのでおすすめです。 ダイニングで出来がちなデッドスペースを有効活用できるだけでなく、家族が団欒できるスペースとしても活用できます。 しかし、ファン数の多くて動作音が目立つ高性能なパソコンの場合、LDKといった家族がよく集う場所にあると音が気になってしまう場合があります。 そんな場合は間取りのどこかに書斎スペースを設け、パソコン専用の部屋を作るのも検討して見てください。 多少狭いスペースでも専用の部屋ができるだけで仕事や作業に集中できるでしょう。

家づくりは住むあなたが快適に過ごせるような環境をつくること

今回ご紹介したのは、パソコンスペースを間取りの中で確保するために考えることについてでした。 仕事や趣味でよくパソコンを使う方は、間取りを考える時からパソコンデスクスペースや書斎が必要かどうか、どのくらいの広さが必要かをよく考えるべきです。 前もってパソコンを置く場所を検討しておけば、実際に家が完成しパソコンの環境づくりをする時に、住むあなたが使いやすいようにカスタマイズできるのではないでしょうか。 注文住宅は、自由度が高いためお施主様のご希望に沿った設計・施工が臨めます。 tattaでは、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。 ぜひお気軽にご相談ください!