BLOGブログ

ブログ

大切な愛車の、最適な自宅での保管方法

マイホームに愛車を保管する時に検討する3つ方法


マイホームを手に入れる時、車の駐車スペースや保管方法についても考えていく必要が出てきますね。

大切な家族を乗せる車であり、ディスプレイとして飾りたいといった夢をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

車の保管方法は様々ですが、今回は以下の3つの方法に焦点を当てて紹介します。

・駐車場
・ガレージ
・カーポート

どの方法がご自分に合っているかなどを考え、自宅での保管方法を考えてみてくださいね。

駐車場

駐車場は屋根が付いておらず、地面を砂利やコンクリートで作られたものを示すことが多いです。

駐車場は新居を計画中でもスペースを確保して設計されることが多いので、駐車スペースをイメージしやすいのではないでしょうか。

屋根がついていないため、雨や雪が降る日は自宅からの出入りが大変です。

雨の日だと、車から出た時に濡れてしまったり、両手に大荷物をもった状態だと傘もさせずに濡れながら自宅まで歩くことになってしまいます。

雪の日は、車が雪に積もってしまい、雪を落とすのが非常に大変です。

また、黄砂がひどい日は車が砂まみれになって洗車が大変です。

ガレージ


屋根、壁、シャッターで形成され、内部に空間ができた駐車場のことをガレージと言います。

ガレージには独立型の他に、建物の一部にガレージを組みこんだ以下のようなタイプのガレージもあります

・ガレージハウス
・ビルトインガレージ
・インナーガレージ

このタイプのメリット、デメリットについてご紹介します。

メリット

・独立型ガレージを設置できない土地でも設置できる(土地の有効活用)
・防犯対策ができる(屋内に愛車を保管できるため)
・天候によるリスク回避できる(豪雨、台風、黄砂、紫外線など)

デメリット

・ガレージのない建物よりも金額が高額になる
・居住スペースがガレージによって狭まる

カーポート


屋根と柱で形成され、ガレージよりも簡素化された駐車場のことをカーポートと言います。

カーポートのメリット、デメリットは以下の通りです。

メリット

・ガレージよりも安価で設置できる
・建物の完工後に設置が可能(簡単・手軽)

デメリット

・防犯面に不安が残る
・屋根と柱しかないため、天候の影響を受ける
・設置場所によっては建物の1階が影になる恐れがある

駐車場、ガレージ、カーポートでの車の保管方法についてご紹介しました。

車の保管方法は、機能面だけでなくデザイン面も考えた上でどのように設置するかを検討しましょう。

日々の生活にどのように車を駐車すれば良いかを考えつつ、せっかくの新居の雰囲気にも合うようにデザインする必要があるからです。

注文住宅は、自由度が高いためお施主様のご希望に沿った設計・施工が臨めます。

ご興味のある方・お悩みのある方は、いつでもお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。
https://yamashitaya.co.jp/contact