BLOGブログ

ブログ

住宅ローンが組めるのは何歳まで?40代後半でも大丈夫?

皆さん、こんにちは。久しぶりのQ&Aコーナーです! 今日は、住宅ローンに関する質問の中から、特に40代以降のお客様からときどき寄せられる質問についてお答えします。 Q.住宅ローンは何歳まで組めるのですか?   A.金融機関によって「〇歳までに払い終えなければならない」という完済年齢の上限が決められています。中には90歳まで、という金融機関もありますが、ほとんどの場合は80歳前後。45歳のときに住宅を購入すれば、35年のローンが組めるというわけではなく34年になったり33年半になったりします。 といっても、45歳を過ぎるともう絶対に住宅ローンなんて組めない、ということではありません。年収や預貯金の有無は人それぞれ。月々の返済額を大きくすることができれば当然返済期間は短くできます。   また、家の老朽化がひどくてこれ以上住むのは危険。どうしてもリフォームか建て替えが必要、というケースもあるでしょう。その場合は、65歳以上でも組める特別なローンもあります。   必ずしも「借りるときの年齢」だけが問題になるわけではないのです。 年齢が気になって住宅購入を躊躇している人は、まずはご相談ください。やました屋では、お客様一人ひとりの“これからの人生”をしっかりシミュレーションして、無理なく支払っていける金額を算出します