BLOGブログ

2017.05.25

私たちについて

女はそれを許さない〜プロの目で厳しくチェック、お金の相談もお任せください!〜

こんにちは!お客様アドバイザーの井上です。

まず、最初に訂正です。前回、社長が「引き渡しの時にトランペットでファンファーレを演奏する」なんて書いていましたが…やました屋にはトランペット奏者はいません(笑)! 他の楽器で考えてもらうか、トランペット買ってもらいます。

 

さて、本題ですが、

みなさん、家を建てるためには、土地と建物以外にどんな経費がかかるか知っていますか?

 

土地仲介手数料/土地・建物登記費用/確認申請他申請費/地鎮祭費、家祓い費/水道納付金/水道納付金/火災保険/税金…不動産取得税・固定資産税など/家具、エアコン代/引っ越し費/住宅ローン諸費用

 

ざっとこれだけの費用がかかるんですよ。そして、これらの諸経費、実はローンを利用する金融機関によって変わるんです。

 

というのも、銀行のローンは金融知識と交渉力があれば金利を優遇してもらえるケースがあるのです。ほとんどのお客様はそんな事情を知りません。知らないとソンする…。そういう世界なんですね。

 

私は住宅ローンアドバイザーの資格を持っています。お客様が融資の相談で銀行に行かれる時には、できる限り一緒に行って厳しくチェック・追及します。やました屋のお客様が不利益を被るなんて許せませんから。

 

銀行だけでなく、ショールームにシステムキッチンなどを見に行かれるときにも、極力同行します。相手も商売ですから、高額な商品を勧めるでしょう。本当にその機能が必要か?その金額に見合った仕様か?女性の目線でしっかり見極めてアドバイスします。

 

私どものお客様をぞんざいに扱うなんて、何人たりとも許しません。

やました屋の女性陣は、いつだってそんな熱い思いでお客様を見守っています。

建物のことだけじゃなく大切なお金のことも、ドーンと任せてくださいね。