BLOGブログ

2019.01.17

住まいのノウハウ

冬のポカポカした日差しを暖房に

みなさん こんにちは
日射取得という言葉を聞いたことはありますか? 日射取得とは、簡単に言うと太陽の光(熱エネルギー)を室内に取り入れることです。冬のポカポカした暖かさを窓から取り入れて、暖房にしようということですね。この日射取得は、お家をできるだけ南向きに面するように配置して、南面にはできるだけ大きな窓もしくは多くの窓を設けるとたくさんの太陽の光が入ってくるように計画しましょうというパッシブデザインの技術の1つです。これって考え方としては当たり前ですよね。

でも、そう簡単ではないんです。例えば、冬の天気が良くない日はポカポカの日差しはないですよね。そんな日は、大きな窓を設けていると暖房している室内の暖かい熱が外に出ていってしまうんです。逆に大きな窓からたくさんの太陽の光が入ってきて室内が暑くなるなんてことも…… この日射取得を考えるのって実は難しいんです。

日常生活の中で、冬のポカポカした暖かさを窓から取り入れて暖房にするにはどうしたらいいかというと、晴れた日の昼間はカーテンを開けて日射しを取込み、日が沈んだらカーテンを閉めて熱を逃がさないようにするといいですよ。日差しがあたってあたたかくなった床や壁の熱は、夜は室内に輻射熱として出てくるので、その熱を逃がさないように保温しましょう。ぜひ一度、試してみてください。