BLOGブログ

お役立ち情報

住宅を購入する際には不測の事態も考慮しよう

未来のために今のうちに対策を


一生のうちで最も高い買い物は住宅であると言われています。

また、家を購入することは、その場所に一生住み続けることを決めるということです。

つまり、家族がその場所を中心に生活をしていくことを意味します。

しかし、その決意で家を購入したとしても、何かのきっかけで家を手放さなければならない事態が起こる可能性もあるでしょう。
一生を過ごすつもりで購入した家でも、未来に何が起こるかは誰にもわかりません。

家に資産価値があれば、もしも将来売却・賃貸に出さなければならない場合でも取引で高額査定を見込めます。

家に長く住んでいればその分資産価値が下がってしまうものですが、長期的に資産価値を維持できる方法はあるのでしょうか?

長期的に家の資産価値を維持する方法とは


長期的に家の資産価値を維持するために大きく2つのポイントが重要です!

災害に強い土地と建物であること

災害の多い日本では、家づくりでも防災意識を強く持っている方が多いです。
地震や台風、水害に強い家を建てるために、家づくり計画では特に重視されています。

地震や水害に強い家は、住む方たちの命を守ることができるのはもちろんのこと、将来の長期的な資産としても十分な価値が見込めるでしょう。

また、災害に強い家だけでなく、家を建てる土地も水害に遭いにくい場所を選ぶことで資産価値をさらに長期的に保持することができます。

土地探しの際には、生活の拠点になる場所としてだけでなく、災害被害に遭いにくい地であるかも含めて検討することも非常に重要なことです。

建物の立地が良いこと

家を長期的な資産とすることを目指す場合、その建物の周辺環境の良さも資産価値に影響してくることは念頭におくべきです。

家の資産価値が下がりにくくなる要因には、以下のようなことも影響してきます。

・駅やバス停が近いので交通が便利
・スーパーが近いのでいつでも日用品が買いに行ける
・学校が近いので子どもを通わせやすい、同じように子どもがいる方が多いので安心
・病院が近いので病気や怪我の時に安心

上記のように、便利さや安心を感じられる地域にある家であれば、長期的な資産といえるのではないでしょうか。

信頼できる専門家に相談を

家や土地の長期的な資産を検討していく場合、専門家にも相談しながら考えていくべきでしょう。
家・土地の資産価値を保持するために勉強することは、専門知識の少ない消費者の皆様には限度があります。

インターネットや本で調べたこと以上に知っておくべき知識などは、専門家と話しながら将来の資産となる家を持てるよう学んでいくことが大切です。

tattaでは、家を建てて入居後もお役に立てるよう、家や土地の資産価値についてのご不明点や不安事などのお問い合わせにもお答えしております

お気軽にお問い合わせ下さい。
https://yamashitaya.co.jp/contact