BLOGブログ

2019.12.26

ブログ

パブリックとプライベート、空間はしっかり分けて ~飯塚市横田 S様邸②~

前回に引き続き、飯塚市横田S様邸のご紹介です。

アトリエ建築家が「外の空間とのつながり」と同じくらい重要視したのが、パブリックスペースとプライベートスペースをきっちりと分けること。

どの部屋からもアクセスできるファミリークローゼットは、家事導線をラクにしてくれるだけでなく、パブリックスペースとプライベートスペースを分ける役割もあります。

また、屋内だけでなく庭にも「公私の空間を分ける」アイデアが。

リビングからつながるウッドデッキと庭は、道路側からは見えない場所にあるプライベートな庭で、道路側にある庭は駐車スペースと玄関までのアプローチになっています。

どんなインテリアも馴染むよう、壁は白、床は天然木のフローリングでナチュラルに。裸足で歩いてもひんやりしない無垢の床材は、これから生まれてくるお子様の成長にきっと良い影響をもたらしてくれるはずです。

この家から始まるS様ご一家の未来が、いつまでも健康で豊かでありますように。やました屋スタッフ一同、今後も見守らせていただきます。