BLOGブログ

2019.07.25

ブログ

自然に家族が集まるリビングダイニング ~宮若市水田 W様邸~

前回に引き続き、今人気の平屋スタイルの二世帯住宅:W様邸をご紹介します。

 

「家族みんながくつろげる」広いリビングダイニング以外にも、この家には二世帯住宅ならではの特徴があります。それは、「収納力」と計算された「導線」です。

 

まずは、玄関横の大容量シューズクローク。L字型に稼働式の棚を配し6人分の履物を余裕で収容します。ロールスクリーンを下ろしておけば、来客時にも見えることはありません
そして玄関ホールから右に移動すると大容量のファミリークローゼットが。外出先から帰宅してクローゼット上着を脱いで主寝室やLDKに…という無駄のない導線です。
子ども部屋は今は1部屋ですが、それぞれが成長してプライベートな空間が欲しくなったときは間仕切りをして2部屋にできます

 

また、“寝るだけ”の個室はあえて広さを控えめにして、そのぶんリビングダイニングにゆとりを持たせました。自然に家族が集まる、W様の希望どおりの空間になりました
LDKやクローゼットをはじめ家族みんなで使うスペースの壁の色は白に統一されていますが、主寝室の壁には水色や淡いグリーンなどの優しいカラーを使用。シンプルな中にも個性が光ります

 

この先20年・30年と、長い年数を経ても飽きが来ず快適に暮らせるように。そんなアトリエ建築家の願いと工夫がいっぱい詰まった家になりました!