BLOGブログ

2019.07.16

ブログ

平屋が建てられる土地の“基準”って?

相変わらずここ数年「平屋」が人気です。やました屋で開催する新築完成見学会も、平屋の割合が多くなりました。

 

これまでは家族4名以上で住める平屋を建てるとなると、広い敷地と資金が必要だと考えられてきました。

やました屋では、土地の広さ60坪、建坪は25坪以上あればじゅうぶん可能だと考えます

 

また、面積だけでなく土地の形によっては、平屋の建築は困難とされるケースがあります。

たとえば「三角形」や「台形」の土地。建物の形、庭や駐車場のとり方に工夫が必要なので、一般的には平屋は建てにくいと言われます。しかし、やました屋ではそんな変形地での平屋建築も実現させました。

 

これらの平屋はすべて、やました屋で一番人気のR&B(R+house)のお家です。R&Bの家は、発想力とデザイン力に長けたアトリエ建築家が、お施主様との打ち合わせはもちろんですが、必ず実際に現地に足を運んで設計します。

また、高気密高断熱の家はエアコン1台で夏は涼しく冬は暖かく過ごせる家。ホールや廊下、仕切りがない、無駄のないスペース使いが可能なのです。

 

敷地面積や資金面で不安があり、平屋にしたいけれど迷っているという方は、ぜひご相談ください