BLOGブログ

2019.03.05

ブログ

筑豊って、こんなところ

3月です!卒業、就職、転勤・移動と、一年で一番多くの日本人が“動く”月間ですね。やました屋のホームグラウンド“筑豊地区”でも、人の流入・流出が盛んになります。

今日は、筑豊に新しく越して来られる方、筑豊に興味を持っているという方に向けて、「筑豊のいいところ」をご紹介します。

まずは、地理的に見た利点から。筑豊は福岡市と北九州市とちょうど中間に位置する、飯塚市、嘉麻市、嘉穂郡、鞍手郡、田川市、田川郡、直方市、宮若市の8つの行政区域です。2大都市へのアクセスも良く、海・山の自然に恵まれた、子育て世代やご年配の方にも暮らしやすい環境と言えるでしょう。

筑豊には、昔、炭鉱で栄えた町ならではの特徴があります。それは、お菓子屋さんが多いということ。鉱夫が仕事の疲れを癒すために、甘いものを好んで食べたことがその理由。

福岡県を代表する有名菓子“チロリアン”の千鳥屋さんや、“ひよ子”の吉野堂さん、“南蛮往来”のさかえ屋さん…、ぜんぶ筑豊発祥なんですよ。

筑豊っ子の人柄については、「実直で裏表がない、駆け引きしない」と、弊社代表は語ります。筑豊=やんちゃな人が多いようなイメージが持たれがちですが、学校も多くて市民吹奏楽団もあり、文化的な交流も盛んです。

住人の地元愛も強いようで、進学や就職で一度筑豊を離れた人がUターンしてくるというケースも少なくありません。

帰りたくなる街、筑豊へ。ぜひ遊びに来てください。