BLOGブログ

2018.12.11

ブログ

家族の「これから」にフレキシブルに対応 可変性のある「0←→3LDK」 ~2棟並んだ、人気の平屋2~

今月ご紹介するのは、11月に新築見学会を開催した「2棟並んで建つ平屋」の、もう一つのお宅です。

 

先月ご紹介したお宅と同様に、やました屋で一番人気の「アトリエ建築家とつくる」R&Bスタイル(R+house)の平屋ですが、趣はまったく異なります。

 

お施主様のご要望と、この土地の形状からアトリエ建築家が出した提案は、間仕切りの無いシンプルな空間。将来的に部屋の数や広さを調整できるようにする、という斬新なアイディアです。その可変範囲は、0LDKから3LDKまで。間仕切りは「壁」だけではありません。パーテーションやカーテン、家具、植栽なども想定に入れ、その時々の仕切り方ができるように計画されました。

 

敷地の特徴として、西側の景観と採光が良いことから、西側に部屋を配置。庭に面した、開放的で明るい空間になりました
高気密高断熱の家は、間仕切りがなくても「エアコンの効きが悪い」とか「冷暖房費がかかる」というトラブルはありません。高性能住宅だからこそ可能な設計でもあります。

 

明後日の記事に続きます。