BLOGブログ

2018.08.30

ブログ

Q.今使っているエアコン、新しい家で使えますか?

これは、やました屋で新築の注文住宅を購入されるお客様からの「よくある質問」のひとつです。エアコンといえば、新しく購入するとなると10万円近くかかる家電製品。今、問題なく使用できているのであれば、そのまま移設したいと思うのは当然ですね。
ですが、必ずしも「移設」のほうが経済的なメリットがあるわけではありません。答えは、そのエアコンの製造年と性能による、ということです。

 

やました屋では、今お客様が使っているエアコンの型番をお伺いし、最新の型とどの程度性能差があるかをお調べします。1~2年前に購入した省エネ性の高いものであれば、最新のものと大差は無いでしょう。移設を検討してもいいケースです。
しかし、10年以上前に製造された古い型のエアコンは省エネタイプではないものが多く、最新のものに比べると電気代がかなり割高に。光熱費の支払いはずっと続いていくものなので、こういった古い型のエアコンであれば買い替えをおすすめします。

 

移設にかかる費用も考えてみましょう。
旧家から取り外して新居に取り付けるだけなら1~2万円程度ですが、それだけではエアコンの引っ越しはできません。おおむね以下の追加料金がかかります。
フロンガスの充填(約1万円)
旧家が賃貸物件の場合は取り外した後の穴埋め(約2000円)
エアコンクリーニング(約6000円)
ホースの新調・延長、化粧カバー装着(1~2万円)
合算すると“エアコンの移設”には4~6万円程度の費用がかかる、ということ。
新規購入する場合と比べて、その差額はいくらになるかを算出してみてください。

 

弊社代表の山下は、暮らし省エネマイスターの資格を持っています。弊社で家を建てていただくお客様には、高気密高断熱の家に合った省エネタイプのエアコンをお客様と一緒にお選びします。移設するかどうか迷っている場合にも的確なアドバイスをしますので、何でもご相談ください。