BLOGブログ

2017.05.18

私たちについて

単なるアフターフォローではありません!~「万が一」に備えた末永く安心な一生涯のお付き合い~

こんにちは!広報の宮崎です。

今日は出張で飛び回っている忙しい社長に代わって、私が更新します。

 

皆さん、スマホとか家電製品とか、何かを買う時に保証って付けられますか?私は付けます。でも、壊れて修理が必要になるのは、決まって保証期限が切れてから…。ほとんどの物は1~2年保証ですからね(^^;)

 

大きな大きな買い物である“家”の保証は、家電製品等と同じ1年や2年じゃ困りますよね。

 

やました屋の家は、お客様を保護する法律「住宅瑕疵(かし)担保履行法」に対応した保険付きのお家です。他にも設計においての保険や工事中の保険など、建てた後だけじゃなく、建てる前から「万が一」に備えています

 

また、やました屋には家守り(いえまもり)というものがあります。

よく「アフターフォローのこと?」と言われますが、やました屋の「家守り」は、やました屋で建てていただいたお家を、お客様と一緒に守っていく事です。一般的に言うアフターフォローとは全然違うんですよ。

私たちは、家は地元の材料で、熟練した大工さんがつくり、木を知り尽くした工務店が長く守っていくのが当然だと思っています。住み始めてみて出てくるような困った事にすぐに対応できるのは地元の工務店だけです。長く住んでいただくためにはそういった些細な所まで面倒を見ていく事が必要です。

私たちはお客様に対して「建てた後も一生のおつきあい」をしていきます。だから、家守りは無期限。定期点検はもちろん、何かあったときにはいつでもすぐにかけつけます。

 

もうひとつ、やました屋には住宅ローンアドバイザーという資格を持ったスタッフが2人いますので、住宅ローンの借り換えなど、資金面でも長いスパンで相談に乗ることができます。

よく「夢のマイホーム」、なんて言いますが、私たちは夢を見るだけで終わらせません。いろんな角度から専門家としてアドバイスをさせていただき、夢の実現のお手伝いをします!