BLOGブログ

2018.07.12

NEW

住まいのノウハウ

マスター資格者が厳しい目で現場をチェックしています!

みなさん こんにちは!
平成21年に施行された住宅瑕疵担保履行法(ジュウタクカシタンポリコウホウ)をご存知でしょうか?聞き慣れない言葉かもしれませんが新築を建てる方にとって、とても頼りになる法律なんです!これは消費者を守るための制度として、新築住宅を供給する事業者にお引渡しから10年間の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵保証責任を義務付けています。この責任履行のために多くの住宅会社が「住宅瑕疵担保責任保険」を利用していますが、戸建木造住宅の保証事故の約96%が雨漏りなんです。あまりにも割合が多くて驚いてしまいます…
 
法律に関わらず、信頼していただいたお客様の家づくりに責任を持つことは当然のことです。だからこそ知識や技術の習得は欠かせないものとなります。特に防水に関しては、住宅の高性能化に伴いさらに重要になってきています。やました屋では、国内で約400万棟の住宅に採用されている透湿防水紙タイベック®のメーカー、旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ(株)の防水紙・防水テープに関する知識と防水・止水措置の技術を身に付けた”タイベックマスター資格者”が厳しい目で現場の防水チェックをしています!

お客様が安心して健康で快適に暮らせるように、これからも常に知識と技術を習得し、現場の品質、施工精度向上に取り組んでいきます!