BLOGブログ

2017.06.20

施工事例・お客様の声

大切な人の存在を感じる、大きな吹き抜けの家

やました屋が施工した、R+house(R+house)の記念すべき第1号を紹介します。飯塚市の、Y邸です。

 

 

施主のYさんが家を建てるにあたって一番重視したことは、

常に大切な家族の存在を感じることができる家にしたい」ということ。

アトリエ建築家がその想いを大切にデザインしたら、こんな空間になりました。

 

この家の一番の特徴は、大きな吹き抜けです。吹き抜けを作ることで、1階と2階、どちらに居ても家族の様子がうかがえます。

 

キッチンとテーブルやソファなど、家具を統一してリビングをコーディネートしています。

R+houseオリジナルのミナモという、光沢のある真っ黒い外壁材を使って、スタイリッシュに仕上げました。

 

 

こんな大きな吹き抜けがあると、冬はなかなか温まらないのでは?

と思われるかもしれませんが、そこは高性能が自慢のR+house。

性能が高いということは、燃費がいいということ。具体的に言うと冷暖房費がかからない家、です。

 

 

Y様も「冬でもエアコン1台で、設定温度は20℃で快適に過ごしていますよ」とのこと。

これからやってくる“猛暑”も、家の中にいるときは爽やかなのだそうです。

 

 

デザイン性を重視すると、性能はおざなりになると思われがちですが、R+houseは、家を建てた後生活していくうえでかかるランニングコストまで、きちんと考えられた住宅なのです。