BLOGブログ

2018.01.11

住まいのノウハウ

冬は洗濯物が乾かない!?高性能の家なら室内干しもラクラク

皆さんこんにちは!

寒い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか?

 

気温も低く日照時間も短いと、洗濯物が乾かずに困る、という悩みはありませんか?

外に干してもなかなか乾かないから、冬はもっぱら室内干しをしている、というご家庭は少なくありません。

また、ご主人様も奥様も朝早く出かけ、日没後に帰宅するという共働きのご家庭は、冬に限らず通年室内干しをされているようです。

 

やました屋で家を建てられるお客様の中にも、「洗濯物干し専用の部屋」を希望される方がいらっしゃいます。

しかし、建坪面積があまり広くない場合や平屋をご希望の場合、わざわざ洗濯物を干すための部屋を設けるのは…正直ちょっと躊躇しますよね。

ということで、最近の傾向では、脱衣室やクローゼットと室内干しスペースを兼用する造りが多くなってきました。

 

 

少し前までは、室内干しといえば浴室の暖房乾燥機を使うケースが多かったのですが、R+houseをはじめ、やました屋がつくる家は高気密高断熱住宅。

室内の温度と湿度を調節してくれるから、室内でも洗濯物がよく乾くのです。

 

 

使わないときには取り外せる室内用物干金物「ホスクリーン」などを設置すれば、日当たりの良い窓際も有効に使えます。