BLOGブログ

2019.07.09

住まいのノウハウ

エアコン1台で30坪

みなさんは「C値」って何のことか知っていますか?

C値とは床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)のこと。その家の気密性を表す数値なのです。隙間がゼロに近いほど高気密なわけですから、当然C値も小さい方が熱損失が少ない高性能な家と言えます。これまで日本の省エネ基準は5.0(㎠/㎡)でした。しかし、やました屋が建てる家は0.5以下をお約束します

 

気密性は1棟1棟地道に検査するしかないので、やました屋では「全棟気密測定」を実施。目に見える数値を示し、お施主様に安心をお届けします。

もちろん断熱性も大切です。こちらはQ値またはUA値という数値で表され、同様に数値が小さいほ断熱性が高いと言えます。断熱については、施工後のやり直しが困難です。断熱材は結露などで経年劣化しやすいので、劣化しにくい断熱材を選ぶことがポイント。

 

やました屋では、結露に強い発泡断熱パネルと、排気と給気を計画的に行う第1種換気システムで高水準の断熱性・気密性を保ちます

この温暖な九州において、高気密高断熱ってそれほど重要?
と思われる方もいるでしょう。はい、とても大切なことです。

熱損失が少ない(高気密)、熱エネルギーの流動が少ない(高断熱)家は、いわばまほうびんのようなもの。やました屋が建てる高気密高断熱の家は、「エアコン1台で30坪」がまかなえます。夏は猛暑日が続き、冬は大雪に見舞われることも珍しくない筑豊。そんな土地柄だからこそ、家じゅうを適温に保てる高性能な家が向いているのです。