BLOGブログ

2017.06.29

スタッフ紹介

山下平〈その1〉~大工の息子、音楽に目覚めるの巻~

これから月1回のペースで、やました屋スタッフ・職人を紹介していきます。

 

ということで、まずは社長の私から自己紹介を。

 

名前は山下平(Hey!ではなくてたいらです)、昭和37年生まれの55歳。

大工の父と専業主婦の母のもと、4人きょうだいの長男として誕生しました。父は絵に描いたようながんこおやじでしたね。やました屋のキャラクターのような(笑)。

 

 

そんながんこおやじに連れられて、小学生の頃はよく現場に行きましたね。子供だから片付けぐらいしかできなかったけれど。

それに、普通に家の中にカナヅチとか木切れがゴロゴロあったから、友達と一緒に舟を作って近所の川に浮かべて遊んだものです。音楽を始めるまでは、まさに「ザ・大工の息子」っていう感じの生活でした。

 

 

音楽を始めたきっかけは、意外と思われるかもしれませんが「苦手科目の克服」なんです。小学校の音楽の授業で、音階(ドレミファソラシド)を教わる時期がありますよね。ちょうどその時に、私は病気で入院していたんです。すると、退院しても楽譜が読めない…。だから授業についていけない…。そんなわけで、当時は音楽が苦手でした。

 

これじゃいけないと思っていたところ、先輩から吹奏楽部をすすめられたので、苦手な音楽を克服したくて入部したんです。でも、楽譜が読めないから打楽器担当(笑)!

ところが、やり始めたら打楽器の奥の深さにハマってしまって…。

今も飯塚吹奏楽団パーカッション叩いている次第です。

 

 

〈その2へ続く〉