BLOGブログ

2019.12.17

ブログ

断熱材の落とし穴

高気密高断熱の家とは『壁に断熱材を入れて隙間をなくすだけの工法』ではありません。

正しい高気密・高断熱住宅は、結露を防ぐ“計画換気”と“水分を含まない断熱材”を使用することによって、初めて実現します

計画換気の重要性については何度か取り上げてきました。今回は断熱材の落とし穴について簡単に説明しましょう。

 

たとえば、材料費が安く断熱性能が高い素材として、多くの工務店やハウスメーカーで使われる『グラスウール』ですが…実はとても湿気に弱く、施工が難しいのです。

グラスウールの施工不良が原因で壁の内部が結露してダニ・カビ・シロアリが発生すると、あっという間に家は傷んでしまいます。家の耐久性が低下するだけでなく、ぜんそくやアレルギーなどの健康被害をひき起こすことも。

やました屋では、職人の熟練度に左右されることなく断熱・防湿ができる硬質ウレタンパネルを使います

壁は、完成してからでは不具合があっても判らないもの。見えない部分こそ、慎重に、丁寧に。結露発生リスクを極力排除して、お客さまの大切な家と健康を守ります。