BLOGブログ

ブログ

「工務店には見えない!」と言われたくて(笑)

  「ここは何屋さんなの?」 通りすがりに、そう声をかけてくれる人がときどきいらっしゃいます。     ここは8月25日、やました屋の新築住宅事業が「tatta(タッタ)」に生まれ変わりOPENしたショールーム。 建築工房という看板も、おなじみのヒゲおじさんのキャラクターも見あたらないので、工務店には見えないのだそう。 でも実は、それが狙いでした!筑豊の他の工務店には無いCOOLな店構えで、お客さまはもちろんここを訪れるすべての人の気分を盛り上げたいのです。   やました屋の新築住宅は、完全自由設計の「JAZZ」、建築家とつくる高性能住宅「R&B」、合理的でコスパの高い「POPS」の3タイプ。 共通する特徴のひとつが、デザイン性の高さです。 お客さまの夢を拡げるためには、打ち合わせの場にもそれなりのデザイン性が必要なのではないかと考えました。     もとブティックだった建物を全面改築して、明るく、センス良く、居心地のいい空間に。 家具屋さんにオーダーして造っていただいた家具をしつらえ、店内の設計は若手の店舗デザイナーに依頼しました。 キッズスペースがあるので、小さなお子様連れの方も安心です。また、ショールーム奥にはやました屋のアイドル犬「リズム」と、5匹の猫たち(通称ニャ員)も。   やました屋の新しい顔「Tatta」を、これからもよろしくお願いします。