BLOGブログ

2018.09.06

ブログ

「国の基準の先をいく仕様と“ていねいな家づくり”に惹かれました」 ~建築設計:古賀久州夫~

みなさん、こんにちは!
今月のスタッフ紹介は、やました屋の注文住宅の「品質」を支える建築設計:古賀久州夫です。一級建築士の国家資格を持ち、前職場でも設計部門の第一線で活躍。今年6月からやました屋の仲間に加わってくれた、待望の技術職です!

 

Q.仕事内容を簡単に説明してください
お施主様の希望、予算、土地条件、法規制などから間取り、構造、形等を作図・提案します。お施主様に確認していただいた後、官公庁手続きを行い着工。竣工、引き渡しまで現場監督を助け、支障なく完工するように努めます。

 

Q.やました屋に入社したきっかけは?
ハローワークに出されていた募集要項の文面から「ていねいな家づくり」をしている工務店だなあ、という印象を受けたんです。ぜひ仲間として参加したいと思い応募しました。

 

Q.やました屋の、他の工務店やハウスメーカーと違う点は?
まず、棟数至上主義ではないところ。そして、断熱・気密・換気・制震など、お施主様の希望や国の基準の先をいく仕様。

 

Q.これまで一番印象に残っている仕事は?
石とガラスの車のショールーム、変形敷地の狭小住宅、半地下・ロフトなど入り組んだ楽しい空間の設計です。

 

Q.これからの目標を聞かせてください
よりレベルの高い住まいを追求することです。基本性能はもちろん、たたずまい、地下・屋上空間の可能性とか…。デザインと雰囲気にもこだわっていきたいですね。
プライベートでの目標は、2人の子供たちを無事に巣立たせること。それと、自分たちの住まいを何とかしなければ(笑)。