BLOGブログ

2017.11.24

私たちについて

どこから来てくれるの?建築家と建築士は違うの? ~アトリエ建築家関連質問<その2>~

こんにちは、コンシェルジュの井上です。

 

ちょっと間が空いてしまいましたが、R+houseアトリエ建築家にまつわる「よくある質問」(その②)を紹介します。その①はこちら↓

https://ameblo.jp/kkoubou-yamasitaya/entry-12303665633.html

 

 

Q.アトリエ建築家さんは、どこから来てくれるの?

A.R+houseのアトリエ建築家は日本全国にいます。つまり、九州に建てる家だからといって、九州在住の建築家が担当するとは限らないのです。極端な話をすると、ここ飯塚に建てる家を北海道に住む建築家が担当する、ということだってありえます。

でも、どこを拠点にしていようと彼らは「人の生活を設計するプロです。高いヒアリング力でお客様のニーズを的確に聞き出し、形にしてくれます。それに、実際に施工するのは私たち地元の工務店。建築家が住まいをつくるプロだとしたら、工務店は“建てる”プロです。安心してお任せください。

 

 

Q.そもそもアトリエ建築家ってどんな人?建築士とは違う?

建築士とは、一級建築士二級建築士といった“国家資格”を持った人です。一方、建築家という国家資格はありません。でも“建築家”を名乗る人のほとんどが建築士の資格を持っています。というのも、建築士の資格がなければ建築物の設計はできないからです。

R+houseのアトリエ建築家の皆さんも、建築士の設計力はもちろん備えたうえで、住宅に特化したデザイン性、独創性、プランニング力を持っています!

 

どの先生が来られても、きっと理想の家が実現するはずです。