BLOGブログ

2018.06.10

省エネマイスターコラム

[省エネマイスターコラム] 第1回 これから大活躍!エアコンの話

「エアコン」は、「暖房にも冷房にも使え、省エネで、器具代がそれほど高くない」という長所に対して「温風や冷風が直接身体に当たると不快 、足元が暖まりにくい(温度を均一にしづらい)場合がある」という短所があります。

長所はこれ以上伸びないので、その短所をいかに解決するかです。

「風が身体に当たる不快感」は、「風量を小さくしても暖冷房出来る家にする」事で解決します。

それには冬の断熱性能を上げ、夏は日射遮蔽の工夫をたくさんする事です。

「温度を均一にしづらい」点に関しては、「十分な断熱性能を上げて暖房時では温風が垂れ壁などに当たらないよう場所に設置」すれば、上下の温度差が小さくなるので、解決します。

冷房については吹抜等の高い位置に設置して冷風を階下に落とす、扇風機などを使って冷気を広げるという方法を使えば効果的です。

なお、エアコンのカタログには畳数の目安が表示されていますが、これは断熱性能がとても小さい建物を想定しています。

C値0.5以下、UA値が0.67以下の高気密高断熱の住宅であれば2ランク程度小さいエアコンでも十分です。