BLOGブログ

2017.12.05

住まいのノウハウ

土地の選び方 その① ~三大要素をしっかりおさえて~

皆さん、こんにちは。

家を建てるにあたって、何はさておきまず用意しなければならないモノといえば、「土地」ですね。

この初めの一歩でつまずくと、予定外の出費が必要になったり、工期が大幅に長引いたりと、いろんな「こんなはずじゃなかった!」が生じます。

そこで今日は、これから土地を購入する予定の方に、失敗しない土地選びのポイントをお伝えします。

 

価格、広さ、環境、治安、利便性、地盤…希望を挙げると尽きませんね。でも「100点満点の土地は、まず無い」と思ってください。自分が求めている条件が5つあるとしたら、そのうちの3つが当てはまるのであれば、合格としましょう。

ただし、以下の三大要素は、しっかり押さえておいてください。

 

土地探しの三大要素

【①場所】優先順位を見誤らないこと

小さなお子様がいらっしゃるご夫婦は、学校が近いかどうかを気にされます。でも、それを最優先で選ぶのは賢明ではありません。子供が学校に通う年数は数年ですが、住むのは一生。駅や病院に近いか、周辺の環境はどうかなど、総合的に考えてください。

 

【②価格】安すぎる土地には「何か」がある!?

飯塚市の場合だと、1坪あたり10万円前後が相場。極端に安い土地には注意してください。たとえばその土地に段差や傾斜がある場合は、まず造成工事が必要となります。また、その土地の上下水道が整備されていなければ、水道を引くところから始めなくてはなりません。

当然、そのぶん時間と工費がかかります。結局、高い買い物だった、ということになりかねません。

 

【③広さ】その広さ、本当に必要ですか?

敷地は、広ければいいというものではありません。広ければ広いほど、固定資産税も高くなります。大きな庭に憧れて広い土地を買ったけれど、実際に住んでみると手入れが大変!という声もよく聞きます。

本当にその《広さ》が必要か。よく考えましょう。

ちなみに土地を購入されている方の平均面積は、60~80坪です。

 

次回は、「地目」についてお話します。